2016年08月03日

inforce WMLX 500ルーメン インプレ

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

こう最近ファ○キンホット&仕事がきつい&ボルトキャリアぶっ壊したショックでストレスがマッハです。

こういう時こそ散財がはかどる!月も変わったし!←ダメ人間

はい、というわけでinforce WMLX  ですΣ(´д`*)

これも昔から欲しかったわけではなかったんですが、MWSとDSG機のオプティクスを交換したらどうにもDSG機が不格好になってしまって・・・。ちょっとライトがデカいというか・・・。
で、ライトを取っちゃおうかと思ったのですが、インドア仕様のDSG機のライトを外すのもどうかと思ってそのままにしてたところ、がんじさんのインプレを見ちゃってですね・・・。はい。

購入先はアカリセンター様。ほぼ個人輸入ちょい足し程度の金額で購入。

本体はブリスターパックに入ってましたが、日本語のマニュアルが別途付いて来ました。

このマニュアルは保証書にもなってるのできちんと保管しておきます。ちなみに保証期間は5年間です。
代理店は、真・赤風呂スコープやCQBコンバットスコープで有名なOTS様でした。

本体 (`・ω・´)

色はブラックというより赤っぽいグレーですねえ

で、このWMLXはモーメンタリーモード(押してる間点灯)とオルタネイト(on、off切り替え)&ストロボモードがあります。

この画像はモーメンタリーモード、

でこっちはオルタネイト&ストロボモード

白ドットが見えているとオルタネイト、と視覚的にもわかりやすくなっています。基本的にはオルタネイトで、ダブルクリックするとストロボモードに入ります。ストロボは不規則点灯?で一定の間隔で点滅はしません。

重量は樹脂製なのでかなり軽いです。

電池込みで120g

ちなみに今まで使ってたライト1式

電池抜きでほぼ倍の重さがありました…。

今宵の実験台

画像を撮り忘れましたが、この取り付け方法が秀逸で、本体脇のねじを緩めてそのねじを押すとレイルクランプが開き、取り付けたらねじを締めて終わりという方法で非常に簡単です。

くっ付けてみた。

個人的にはかなりイケメンになったと思います。ただ、15インチハンドガードにつけると自分のようなチビには面一が限度( ◔ω◔ )

ダットから覗くとこんな感じ。

それほど気にはなりません。ただし、マウントはフォルティスのAbsolute co-witnessから純正のlower 1/3 co-witnessに変えてます。Ab~だと結構視界遮りそうで…。

ソーラーのXP-L V6と光量比較

スポットの明るさでは830ルーメン表記のV6よりも明るそうです。色温度も高め。ただし広さはV6のほうが広く見えます。というか、V6が18650とSF123A×2でほぼ明るさ変わらないんですね…。
  

2015年02月22日

DSG搭載機 製作記 完成!

度重なる困難を乗り越えとうとう当該M4が完成いたしました・・・。

事の発端はASCUが正常に動作しないことでしたが・・・。

開発もとのairsoft systemsに問い合わせたところ、この出っ張りをカットしろとの指示が。

もう何回分解したかわからないメカボ。

指示された通りにカットして組みます。ちなみにタペットはもう少し幅を小さくしました。また、ピストンヘッドはWII TECH製のヘッドに、純正ヘッドを分割して下半分を嵩増しとして取り付けました。

お?

おお!

初速が少し高い(予定では85-87m/s@0.2g)ですが、きちんと動作してます!フルでもほぼ同じ初速!
7.4vなので35発↑というわけにはいきませんが、安定して32発を超えてます。
そしてセミの切れ&追従性はもうこれはすばらしいものがあります!フルは、7、8発前後連射すると1発くらいションベン弾が混じりますので基本は3バーストで使用したいと思います。

というわけでM4にDSGとASCUを搭載する計画は無事完遂いたしました!いろいろ参考にさせていただいたブログ様ありがとうございました!

追記
微調整かけました。
まずフルとセミで弾道が違う(フルだと射程が短くなりションベン弾になる)を解消しました。これはマルイ純正の押しゴムの弾力が弱すぎて、ホップが掛かる前に次弾が装填されてしまうためで、前に押しゴム検証で使った内径1mmの押しゴムにしました。これでフルでもセミでも弾道に違いがなくなりました。マルイ押しゴムを使う場合は何か硬いものを穴の中に詰めるといいと思います。

それとセクターカットしました。9枚歯だとピストンを引く歯の間隔が短くなりピスクラしやすいことが判明したからです。8枚歯より弱いバネで同等の出力を得ようとしましたが、間隔が短い分より強いばねでピストンスピードを稼がないといけないんですな・・・。もっとピストンスピードに余裕があるくらい高出力でなら有効なんでしょうが、85m/s@0.2g程度ではピストンスピード不足は明らかでした。当然ちゃ当然なんですが、技術不足を思いっきり露呈しました・・・。

・メカボ VFC

・駆動系
ギア:セクター DSG 9枚歯→引き始め側セクカ1枚にて8枚歯 スパー SHS 12:1 ベベル マルイHC用
ギアグリス:WAKO'S チェーンガード
軸受け:ZC LEOPARD 8mmオイルレス
軸受け潤滑:OWNER AR-2

・給排気系
ピストン:ZC LEOPARD フルスチールピストン
ピストンレール潤滑:WAKO'S スーパーシリコーングリース
ピストンヘッド:WII tech製+マルイ純正
ピストンヘッドOリング:FRUS-Oリング
シリンダー:KMワープシリンダー 300
シリンダーヘッド:マルイ純正
シリンダー潤滑:WAKO'S スーパーシリコーングリース
スプリング: バトン120% かさ上げ5mm
スプリングガイド:VFC ベアリングガイド
タペットプレート:マルイ純正 DSG加工 
ノズル:マルイ純正
ノズル潤滑:WAKO'S スーパーシリコーングリース

・電装系
モーター:Lonex A2
配線:潤工社 テフロン被覆銀メッキコード 外径2.1mm
スイッチ:ASCU Gen3 ver2


・バレル:マルイ純正 Λバレル加工

初速:85m/s SⅡS0.2g
サイクル:36発/s@ nano-tech 7.4v 1200mAh 25-50c


  

Posted by TMS TAKESHI98 at 21:09Comments(0)MIDWESTっぽいの

2015年02月19日

CRUSADER M4AEG MATCH マガジンボタン

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

スコープが来る前にまたチマチマ散財しております。

CRUSADER M4AEG MATCH マガジンボタン

の黒!

取り付け自体はたいしたことはありません。ただVFC用とのことでG&P製アンビマグキャッチとの互換性が心配でしたが・・・。

付きました!土台さえ付けば後は問題なし・・・。

というわけも無く赤丸部分が干渉します。

干渉してもボタンは押せるので脱着に問題はないですが、干渉したままというのもアレなので、

カット!

アルミ用の黒染め液は持ってないので、車用の黒色ペンで塗っときました。

OK。

これつけても、結局は土台部分を押さないとマガジンは外れません。なので普通のマグキャッチだと指がとどかねえ!という理由でつける意味は薄いと思います。ボタンが収まる部分のフレームの形状がタイトだと普通に端をおしてもマグキャッチとして機能しました。うちの個体でいうとURX4 13inは端×、10inは端○ 
個人的には、スタンバイ状態での指の置き場としてそえたときにしっくりきます(*´∀`*)

こういった小物パーツも黒で統一するのも味気ないので、シルバーかなんかで塗装しようかしら?




  

Posted by TMS TAKESHI98 at 21:34Comments(0)MIDWESTっぽいの外装パーツ

2015年02月11日

BCMガンファイターバーティカルグリップMOD3

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

艦これのほうはすっかり遠征&朝霜掘りの真っ只中です。いつ出るのかなー。

で、ひさびさにエアガンネタ。

BCMの実物フォアグリップ。

個人的な理想形で、こんなフォアグリップあればなーと思ってたところにこれが来て、思わず予約かけてしまいました。
予約先はGUN BLUEさん。10inと13in用に2つ購入。

マグプルのフォアグリップ(レプ)との比較

長さと全体的な厚みはレプグリップのほうがありますが、横幅はBCMのほうが広め。

分解してみました。

上の銀色のパーツがkeymodに引っかかり、下のネジにて固定する模様。ネジを木ってある部分は別パーツ(一番下の四角いパーツ)になっているのでなめても安心の親切設計。

取り付けにはT15のレンチがいります。

ここのネジを緩めて取り付けます。

取り付け方法

ネジを緩めて、裏から押すと取り付け部分が浮きます。ネジを緩めすぎると外れてしまうので注意。また、あんまり押すと、とりつけ部分と一緒になってる黒いカバーパーツも取れてしまいます(このパーツはただ上からかぶさっているだけ)

で、浮いた部分をkeymodにあてがって前にずらします。

妙なところに取り付けてますがツッコミはなしでww

あとはネジを締めてOK

iron airsoft製 URX4にはポン付けでいけました!

しっかしこのグリップ良いですねえ。keymod直付けによる一体感と絶妙な傾き。個人的にはAFGやStark SE5なんかだと傾きすぎなので この傾きが最高にしっくりきます。お値段もGUN BLUEさんだと1つ6300円+送料。エアソフト用フォアグリップとしては高いですが、他のkeymodパーツに比べれば安いほうだと思います・・・。

非常に満足なパーツでした!

  

Posted by TMS TAKESHI98 at 21:03Comments(0)MIDWESTっぽいの外装パーツ

2015年02月01日

DSG搭載機 製作記 こまごま調節編

こんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ
艦これイベが発令されましたね。提督の皆さん備蓄と練成はいかがでしょうか~。当方は今必死に軽巡のレべリング中ですorz 資源はイベまでに最低各50kいけばいいかなと思ってますがさてさて・・・。(現在43k43k63k80k)

で本題。
いつだかシム調節が終わったと書きましたが、試験ドライブしたところ(というか手回しした時点で)異音がしたため、スパーをレオパルド→SHS 13:1スパーに変更しましたのでシムをしなおしました。おかげでかなりスムーズに周るようになりました!

あと

タペットのカットと加工、

カットオフレバーの

赤丸のピン(本来セレクタープレートのバネを固定する部分)をカット。本来付属の樹脂カットオフがありますが、DSGとの相性が良くないと聞いたので通常のものを使います。

これで作業の五割完成といったところでしょうか(遅 あとはピストンとセクターのかみ合わせ調節、配線の長さ調節、給排気周りの調節ののちにやっと完成ですねorz 2月半ばには終わらせるって言ったけどおわんねえな、コレ。
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 21:11Comments(2)MIDWESTっぽいの

2015年01月21日

RETRO ARMS Speed Trigger M4 インプレ

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

前回記事にするのを忘れてましたが、「海苔衛門ぶろぐ」をリンクさせてもらいました。自分とは保育園からの同級生で、高校が別だったこともあって疎遠だったのですが、今この趣味を今やってる上にショップさんで働いていると聞いて驚いて連絡を取った次第です。(´-`).。oO(人の縁ってフシギダネ)

本題
DSG機最後のピースが届きました。RETRO ARMS製のカスタムトリガー。当然GAWさんより。

左がA、右がBです。見た目に一目ぼれして、ヤネックスで触らせてもらって惚れ直し、何が何でもと今回手に入れた次第です。

裏面にはホームページアドレスと住所が。


手がきったねえ。とりあえずAタイプから

切削で作られているようでツールマークがくっきりです。肉抜きは穴が大小二箇所です。
裏?側


正面

完全なストレートトリガーで滑り止め用の出っ張りは全くありません。

Bタイプ

ピンボケ( ;´Д`)こちらもツールマークくっきり。大きく肉抜きされた形状がかっこいいです(`・ω・´)

裏側

よく見るとAタイプと違い一番下には取っ掛かりがあります。

正面


すごい軽く感じたので重量を測ってみました。

Aタイプ 約4.1g


Bタイプ 約3.6g


KA製?ノーマルトリガー 約9.6g

高々数グラムですが、実際に組み込んで撃つと違うんでしょうね!そんなに違わなくてもかっこいいから良し!
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 18:49Comments(0)MIDWESTっぽいの内部パーツ

2015年01月18日

DSG搭載機 製作記 シム調節 ASCU取り付け編

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

今度はASCUとシム調節ですb今日は超絶さくっと行きます、シムでくたびれたんで・・・。

今回ASCU取り付けに当たって何箇所か削りました。

本来スイッチSPの引っかかる部分(赤丸左)は、ASCUのFETが引っかかってしまうので半月に削りました。赤丸右のピンはASCUが入りやすいよう斜めに切り落としましたが多分不要?

本体も加工です。

判りづらいですねえ、ASCU下面の上部です。VFCのメカボには窮屈だったので全体的に削りました。

下側です。

赤い四角の、段差になってる部分がメカボに干渉するのでこちらもほんの少し削ります。

次にトリガーです。

今回配線の関係で根元が太くなってしまったんでそのままだとトリガーの取り付けが出来ませんでした。なので本来スイッチを押す部分をカットしました。ASCUはスイッチを赤丸部分で押すので問題無しです。

デデン!

シムに関してはもうたくさんの先人の方がいるので説明不要でしょう。あとはギアの慣らしをして今回は終わりです!

  

Posted by TMS TAKESHI98 at 20:06Comments(0)MIDWESTっぽいの

2015年01月12日

DSG搭載機 製作記 下ごしらえ編

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ
ガンジニアさんのほうにlonexモーターのインプレが上がりましたね。お貸しした甲斐があるようないいモーターで良かったです。マルイ新型モーター・・・。

さてDSG機のほうはさくっと下ごしらえを終わらせます(`・ω・´)

とりあえず軸受けから。

オイルレスメタルなので、一度パーツクリーナーにドブ漬けしてオイルを抜きます。こうすることでオイルによる接着不良を防ぎます。
何度か入れ替えをしてパーツクリーナーが濁らなくなったら完成。メカボに接着します。

A剤とB剤を計量器で計った後、へらを使いよーーーーく混ぜ混ぜして塗付します。エポキシを使ってますが、本当はロックタイト等の接着剤がいいらしいです。

浮き上がらないようにゴムハンマーでよく叩いておきます。

完全硬化後に、軸受けにはこのリール用オイルを垂らしておきました。

OWNER AR-2リール用オイルオイル というものでいわゆる低粘度タイプです。さらさら

オイルがしみこむ間ほかの事を済まします。

ピストンは、ラックの2番目を完全に、3番目を半分、4番目を1/3程度削り、その後オートウェルドにて完全固定しました。(ちょっとミスって両端のピストンが、後ろのラックもけずれてますorz テカリの具合でスッゴイ削れてるように見えますが、少し触った程度なので一応問題ない、と思います・・・。)

リポはディーンズに交換です。

必ず配線は片方ずつ切りませう。

配線にハンダをのせます。

自分は工業系じゃないので知らなかったんですが、ハンダするときに、こてに先に少量のハンダをのせとくと
すっごいハンダがし易いんですね・・・。ようつべさまさま。

ディーンズにも。

このときもこてに少しハンダをつけてからこてとハンダをコネクター部分に押し付けると綺麗にのります。

合体

なんか画像だと変ですが綺麗にできてます。今までで一番良くできました。もげる気配がありません。
あ、収縮チューブは先に通しておきましょう、出ないとハンダ付けをやり直すことになります。←やらかした馬鹿

この後プラスもやって完成。


ついでに配線を交換します。ぶっといので。

ハンダの仕方が、ちょっと素人が手を出してはいけなそうだったので直でつなぎました。これも収縮チューブをかぶせておきます。

はい次。モーターのブラシ交換です。

安かったから買ったけどこんなにシルバーブラシどうすんの・・・。シルバーブラシは、耐磨耗、通電性等で通常のカーボンブラシを上回ります。10組20個で4000円。1組2個の価格が1000円前後なので半額以下。

交換はかんたんです。ぶらしSPをはずして・・・。

ネジを取って、後はブラシを交換して元に戻すだけ。ちなみにネジを両方外すと分解できます。


次はモーターの慣らし。

自作というのも憚られる超簡易慣らし装置。これでエネループ×3本×2セットを使って50分~1時間慣らします。普通のブラシなら15分ほどでいいのですが、耐摩耗性の高いシルバーブラシなのでこれくらい掛かります。

最後に割れ防止加工とグリップのM4へのネジきり、内部の研磨(薄皮1枚取る程度)もしときます。

普段めんどくさがりなんでこうゆうことはしないんですが、DSGということで一応・・・ね。その他タペットスプリングの短縮も行っておきます。タペットそのもの加工は後回し。

ここまでは普通のことなのでたいしたことはありません。本組みが・・・ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

  

Posted by TMS TAKESHI98 at 20:24Comments(0)MIDWESTっぽいの

2015年01月10日

DSG搭載機 製作記 レシピ編

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

去年の夏ごろからこつこつ揃えてきたDSG用パーツがトリガーを除き揃いました!

細かく見てきます。

駆動系

セクター:SC GEN2 G1T3R2 9-tooth Cyclone Dual-Sector Gear 今回の目玉!9枚歯バージョンのDSGですね。
スパー:ZC LEOPARD CNC加工強化ギア 18:1 今回はスパーのみ使用。
ベベル:マルイ純正ハイサイ用 ラッチは Wii Tech製
軸受け:ZC LEOPARD 8mmオイルレス

電装系


ケーブル:潤工社 テフロン被覆銀メッキコード 外径2.1mm
スイッチ:ASCU gen3 ver2メカボ用 付属の配線は太いので交換予定
モーター:Lonex A2  なかなかスバラシイ性能です。(性能を調べていただいたところ、マルイHK417用新型モーターの上位互換らしいです・・・!)
バッテリ:Nano-tech 7.4v 1200mAh 25-50c DSG用に新規調達。常時30A程度を要求されるらしいので、1200mAh×25c=30Aのこのバッテリーを選択。コネクタはディーンズ。

給排気等

スプリング:バトンM120 
SPガイド:VFC純正ベアリングガイド。写真に無いのは、ショップが間違えてSHSのガイドが来たせいです(汗 
スペーサー:SC SGSおよぴ樹脂スペーサー。今回の予定初速はインドアを考慮し85m/s@0.2g程度なので、おそらくSGSの出番はないかと思いますが一応そろえました。
シリンダー:そこらへんに転がってたKM企画 ワープシリンダー300
ピストン:ZC LEOPARD フルスチールピストン
ピストンヘッド:Wii-tech  ベアリングヘッド。重量に問題があればマルイ純正(錘なし)の予定。OリングはFRUS-Oリング。
その他:シリンダーヘッド、タペット、ノズル等はマルイ純正予定。
メカボ:VFC

トリガーがまだなので、明日明後日で下ごしらえをしていきます(`・ω・´)

  

Posted by TMS TAKESHI98 at 23:30Comments(0)MIDWESTっぽいの内部パーツ