2016年07月15日

UAC Aluminum Bolt Carrier

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

本来はS&TのLVOAの続きの予定でしたが、最終調整のテストと撮影がまだなので新しく衝動買いしたおもちゃのインプレでも。

ドン!

UACのろごってかっこいいですねえ…。

廃!日本に入ってきたてほやほやの新パーツです!

UAC Aluminum Bolt Carrier for marui mws です。
ええもう見た目・・・っていうか色に惚れましてですね、衝動買いでございます…。

ではとりあえず純正と比べてみましょうか。

あ、もうパーツが移動してますが、基本的にキャリア以外の一式は純正からの移植です。

基本的にほぼ形状はトレースしてますね。


ここのお外から見える部分はちょっと形状が変わってます。

純正にあったセレーション?(名称不明)のようなギザギザがなくなってますねえ。まあ実銃でもこのギザギザがない奴もあるのでいいのかな?また、見づらいですが、ボルトストップのかかる部分には割れ防止加工(メカボとかでやるアレ)がされてます。

パーツの精度は出てるようで、組み込みに関してはポン付けでいけました。高精度なパーツを作るUACらしいです。

んでもって各重量。

本体は約66g

錘の部分は30g

製品情報では97gらしいのでだいたいこんなもんでしょうか。

一式組んでみると約131g

どこかで純正ボルト一式の重量が約220gと聞いたような気がしたので約90g軽くなりました。

見た目。

オーディンと合わさってすごくいい…。チャーハンもバレルもシルバーなので統一感あってだいぶかっこよくなってきました!



・・・っておいいいいい!



まだ数十発しかボルトストッピかけてないんですけおおおおおおおお!
12000円が数時間でジャンクになりました(^q^)

・・・はいっ!良い子のみんなはちゃんとマルイ純正のバッファーを使うようにね☆
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 22:01Comments(0)内部パーツMWS BADっぽいの

2016年02月05日

各社電動ガン用スプリング荷重

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

今ちょっと思い立って余りもののパーツでARを1丁作ってます。久々にピストンフルストロークです。

んで、メカボ組みの段階なのですが、ちょっとスプリング調整に手間取ってます。あ、目的の初速が出ないとかではなく、どのスプリングを使おうか迷ってる段階です。手持ちで使えるスプリングがマルイ純正およびハイサイ用、PDI120%、謎のスプリングが1つくらいで、あとはフルストロークで使うにはちょっと・・・っというヤツや、くの字に曲がってるゴミくらいしか無いのです(;´∀`)

個人的にSPカットは好きじゃないので、尼でバトン80と90でも買ってつけるかーとかそんなことを考えてるうちに、ふと手持ちのスプリングの強さってどれくらいなのだろうと疑問に思ったので、

早速実験です。もはや工作というのも憚れる実験装置ですが・・・。材料としては
・はかり
・VP20㎜と13㎜の塩ビ管
・塩ビ管に入るようにカットしたピストンとスプリングガイド

です。カットさえしてしまえば、あとはスプリングをはめてはかりに押し付けるだけ!

このときピストンとSPガイドが触れてしまうと腕力の分の荷重が掛かってしまうのでギリギリまでにしておきましょう。ピストンを押す力を加減することによって疑似的にセクカしたときの荷重も測れます。
素手でもいいですが、わざわざ塩ビ管を使うのは荷重の掛けやすさと、SPを解放したときにミスって折れ曲がって吹き飛ばすのを防ぐためです。素手でやると結構やらかしてSPを曲げますので、塩ビ管でやったほうが絶対楽です(体験談)

ちなみにこれはマルイ純正おもり無しの時のSP荷重です。

では手持ちのSPを測ってみます。(基本的におもり無しです)

マルイ純正おもり(全長約9㎜)付き 自由長150㎜


マルイHC 自由長150㎜


バトン 80 自由長175㎜


バトン 100 自由長160㎜


バトン 110 自由長165㎜


SHS 旧M90 自由長170㎜


SHS 旧M100 自由長170㎜


S&T付属のSP。 通りで気密不良のくせに95m/sとか出すわけだ。自由長130㎜


PDI120% 自由長150㎜

これを見るとバトンの80ってマルイ純正より弱そうですね。明日90が来るので計測結果次第だけどそっちを載せよう。

2016/03/25 ザビエル コントラスプリング110,120および自由長追加。


ザビエル コントラスプリング110 自由長150㎜(スラストベアリング分追荷重)
 
再計測したところ、5.40㎏でした。
ザビエル コントラスプリング120 自由長150㎜(スラストベアリング分追荷重)

  

Posted by TMS TAKESHI98 at 21:45Comments(4)内部パーツ

2015年08月30日

忙しい・・・。

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

最近リアルが忙しくてエアソフト的なことができてません・・・。次回の「白猫」に備えて準備したり、ハイパー道楽さんのコンテストに応募したり、さばげー行ったりといったことが全く不精になっております・・・。

こんなこととか

こんなこととか

こんなことなどネタはあるんですが・・・。



おそらく9月半ばまではいろいろ動けませんねぇ・・・。シルバーウィーク休めるのか・・・?
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 14:28Comments(0)内部パーツ

2015年05月08日

ホワイトベース定例会 5/4 & エアダンパー等雑記

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

今回(5/4)はエアダンパーピストンとDSGのテストもかねてホワイトベース定例会行ってきました!(デジカメ忘れにより画像なしorz)

直前になってフォロワーさんと合流が決定し、2人で一日遊んできましたが、DSG&NSR15インチともに快調に動作してました。
NSR15インチに搭載したエアダンパーですが、なかなか良かったです。特に消音材を交換したサイレンサーと相性が良く、ボフボフといい音がします。あくまで振動軽減による耐久性と精度の向上が主目的でしたが、消音という意味でも良い結果でよかったです。改良チャンバーも飛び、精度ともに及第点でした。

で、ちょっと時系列が前になりますが、エアダンパーを組む際今まで使っていたワコーズのチェーンガードが切れてしまったので、ケミカル類を新調しました。

「SUPER LUBE」シリーズです。左から「ドライ・フィルム スプレー」「多目的グリース」「PTFE配合オイル(多目的オイル 高粘度)」「超耐久チェーン用潤滑剤」

ドライ~は乾燥潤滑剤で、このままでもガスブロのスライドの潤滑に使える(通常のグリスやオイルよりも低抵抗)他、各種オイルの下地にも使えます。
多目的~はシリコングリスの代替品で、今回は給排気周りの潤滑に使用しました。
PTFE配合オイル~はさらさらしたオイルで、駆動部分に後述の方法で塗布しました。
超耐久~はその名の通りすさまじい定着力でくっつくのでギア類の潤滑に適してます。これも後述の方法で塗布しました。

今回はこのケミカル類を、給排気部分はドライ+多目的、ギア類はドライ+PTFE+超耐久の組み合わせで行きました。
ギア類の塗布方法は公式ホームぺージにて「トリプルコンボ」といわれる方法で、自転車のチェーン潤滑において耐久性と低摩擦性の両立が可能らしいです。

とりあえずグリス類をきれいにした後、ドライを吹いておきます。

10分ほど乾燥時間をおきます。

んでもってPTFE、超耐久の順に筆で丁寧に塗布します。

これでケミカル類はOK

で、ピストンのかさ上げと重量調節用に良いものはないかと探していたところ、

Wheels Manufacturingチェーンリングスペーサー なるものを見つけました。どのような用途で使うか分かりませんが、内径10mm外径16mmとピストン内部に使うには最適のパーツだったので購入しました。

重量は約0.23g厚みは1.2mm

で、今回ピストン重量は32gにセットしました。
いきなりエアダンパーに金属歯ピストンを使うのは怖いんで、余っていた適当なピストンに錘をつけて32gにし仮組みと試射を行い、問題ないことを確認しその後金属歯で再セッティング。ダンパーの長さは最初は有効長6.5mmでしたが、最終的にはシムを噛ませて7mm(ノーマルシリンダーヘッドの場合の限界)にしました。

調整後

0.2g  ノンホップ91m/s 最高初速ホップ94m/s
0.25g ノンホップ84m/s 最高初速ホップ85m/s
0.28g ノンホップ80m/s 最高初速ホップ82m/s
基本的には0.28g用に調整。ちなみに最高初速ホップ≠適正ホップなので、0.2gでは鬼ホップ、0.25だとほぼ適正、0.28gだとホップ圧不足で、適正にすると79m/sくらいになります。
 


  

Posted by TMS TAKESHI98 at 21:35Comments(0)内部パーツケミカル

2015年04月22日

ザビエル エアダンパーピストンヘッドロッド その1

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ
今日の夜中に艦これはオンメンテで2周年記念&改二実装ですね。提督の皆さんはレベリングどうでしょうか( ´ー`)

閑話休題

割と知られていないカスタムパーツメーカーでしょうか?ザビエルのエアダンパーピストンヘッド・・・のロッド部分です。

販売してるものはなんと現時点では4種類だけですが、「KEMUSHI」といわれるガスブロハンドガン用のガスの持ちを良くするパーツがだいぶいいものだったので(きっちり測ったわけではありませんが1.5倍は長く動作してました)他のパーツも気になっていました。

ただしピストンごと買うとザビエルショップで6200円、他のショップでも6000円弱と流石にピストンヘッド1個にそんなお金は出せないなーと思っていたところにロッドばら売りの情報を得て、早速買ってみました。

今までエアブレーキ系はノータッチだったので形状についてはノーコメント。日本製なので加工はきれい。


買う前はだいぶ悩みました。このロッドはあくまで消耗品交換用、他のヘッドに取り付けることは考えていないはず・・・。手持ちのヘッドにつけられるだろうか・・・。と。

で、じーっと画像をよく見てみると基部がナットのようになってます。ここでティンときました。



(´-`).。oO(あれこれWii-techのヘッドいけるんじゃね・・・?)



ここでいろいろサイトを探しましたが、そもそもピストンヘッド自体の情報が少ないのでロッドの情報は皆無でした。

しょうがないので、ザビエルといえばここと個人的には思っている「combat doll 」さんのブログをよーーーく読んでみると基部はM3ナットとの情報が。



で、いけました。

ただしナット部分がほんの少し大きいのでヤスリで整形しなおしました。

重量はおよそ0.75g


しかしここで問題発生、M4のシリンダーヘッドは問題ないですが、G36のシリンダーヘッドには奥まで入りません。パイプの径が狭いようです。

しかし前述のcombat dollさんのブログにこのことが記載されていたので(重ね重ねありがとうございます!)対処法は出来てます。

まあ対処法といってもたいしたことじゃないんですが。
こちらには旋盤なんてものはありゃしませんので、とりあえずあまっていたネジに回転止めのナットとロッドを付けて、ネジ頭を取っておきます。

んでもってそのままリューターにセット。超簡易旋盤。

画像(・∀・)ダブルピンボケ!

あとは回転数最低、紙やすりでコンマ数秒、1000番の耐水ペーパーで仕上げて完成。ほんとーにちょっと削ればOKです。

次は組み込んでみます(´∀`)
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 22:01Comments(0)内部パーツ

2015年03月24日

プロウィン製M4用チャンバーとMS製 5KUアルミチャンバー用HOPレバーの互換性

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ


今日は小ネタ。

MS製5KUアルミチャンバー用HOP強化レバーです。スリックパキッンも一緒に。

今までのプロウィンチャンバーのレバーは、長掛け用に押しゴムの部分を短くしてしまったので、通常用やスリックパッキン用にのホップレバーを購入しました。ただし5KU用なので互換性があるか心配でした(なのに2つ買ってます。使えなかったらどうする気だったんでしょうね(他人事

結論から言うと使えます。ただしちょっと加工が必要。

レバーの押さえと支点になる棒状のパーツです。外形2.04mm

対してレバーの、棒が通る穴の径は1.89mm

なのでドリルで2mmの穴を開けた後、棒やすりでシコシコします。

他の部分は元のレバーと同じ(というか5KU製はプロウィンのパ○リ)なので普通に使えます。

で、ついでにチャンバーもMS製スリックパッキン(シリコンノーマル)にします。押さえゴムは3mm×1.5mm+GAW製の面押しプランジャー。

飛びはわかりませんが、再調整の甲斐もあって
NSRの初速
0.2gノンホップ 91m/s 最高初速ホップ 92m/s 
0.25  〃    84m/s   〃        85m/s
0.28g 〃     80m/s   〃        81.5m/s
0.32g 〃    76m/s   〃        77m/s
となりました。少々重量弾の初速が高めではありますがとりあえずコレでいこうかと思います。
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 21:07Comments(0)内部パーツ

2015年03月12日

またチマチマと・・・。

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

マーチのインプレですが、今度の日曜も天気が悪そうで、お外で画像が取れそうにありませぬ・・・。
OTSとの映像比較がしたいので晴れてくれないとなー・・・。


そんなわけでぼちぼちまた実験をしていきたいと思います。

右が新しく手に入れたZC LEOPARD製 アルミ強化ピストン フルスチールラック。左がWII techハイスピードピストン+マルイ錘 

前回仕上げたM4 URX4 13in(実はNSR 15inになってたり) ですが、0.2gでは強ホップ適正ホップノンホップで初速がほぼ変わりませんが、0.25gから初速差が出始めてしまいます。おそらくピストン重量の問題なので少し重めのアルミピストンを入れてみます。ガチの流速にする気はない(そもそも流速自体好きでない)ので0.25gで初速差が出ないくらいを目指します(´ー`)

何はさておきラックとピストンの接着が先ですのでこなしていきます。

現状エポキシ接着剤の中では最高クラスとの呼び声高い「ブレニー技研GM8300」です。この接着剤のテストも兼ねてます。

電子天秤でコンマ2桁まで正確に測って混ぜ混ぜします。

灰色っぽいのが主剤で、これだけだとかなり硬いです。下手なへらを使うと折れそうなくらい。黒いほうが硬化剤でこれはまさに佃煮海苔(´∀`)混ぜるといい感じにやわらかくなり塗布しやすくなります。

全部込みこみで約33g。マルイ純正で約24gなのでちょっと重すぎる気がしなくもないですが・・・(゚Д゚)

PDI120%+セクカ4枚+260mm6.04バレルでどうなるか・・・。

シリンダー潤滑もテストとして新しく手に入れたコレを使います。

まだいろいろと未知数なので公開できませんが、もし使用に耐えるようだったら面白い・・・かも?(;゚д゚)

  

Posted by TMS TAKESHI98 at 20:01Comments(0)内部パーツケミカル

2015年01月21日

RETRO ARMS Speed Trigger M4 インプレ

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

前回記事にするのを忘れてましたが、「海苔衛門ぶろぐ」をリンクさせてもらいました。自分とは保育園からの同級生で、高校が別だったこともあって疎遠だったのですが、今この趣味を今やってる上にショップさんで働いていると聞いて驚いて連絡を取った次第です。(´-`).。oO(人の縁ってフシギダネ)

本題
DSG機最後のピースが届きました。RETRO ARMS製のカスタムトリガー。当然GAWさんより。

左がA、右がBです。見た目に一目ぼれして、ヤネックスで触らせてもらって惚れ直し、何が何でもと今回手に入れた次第です。

裏面にはホームページアドレスと住所が。


手がきったねえ。とりあえずAタイプから

切削で作られているようでツールマークがくっきりです。肉抜きは穴が大小二箇所です。
裏?側


正面

完全なストレートトリガーで滑り止め用の出っ張りは全くありません。

Bタイプ

ピンボケ( ;´Д`)こちらもツールマークくっきり。大きく肉抜きされた形状がかっこいいです(`・ω・´)

裏側

よく見るとAタイプと違い一番下には取っ掛かりがあります。

正面


すごい軽く感じたので重量を測ってみました。

Aタイプ 約4.1g


Bタイプ 約3.6g


KA製?ノーマルトリガー 約9.6g

高々数グラムですが、実際に組み込んで撃つと違うんでしょうね!そんなに違わなくてもかっこいいから良し!
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 18:49Comments(0)MIDWESTっぽいの内部パーツ

2015年01月10日

DSG搭載機 製作記 レシピ編

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

去年の夏ごろからこつこつ揃えてきたDSG用パーツがトリガーを除き揃いました!

細かく見てきます。

駆動系

セクター:SC GEN2 G1T3R2 9-tooth Cyclone Dual-Sector Gear 今回の目玉!9枚歯バージョンのDSGですね。
スパー:ZC LEOPARD CNC加工強化ギア 18:1 今回はスパーのみ使用。
ベベル:マルイ純正ハイサイ用 ラッチは Wii Tech製
軸受け:ZC LEOPARD 8mmオイルレス

電装系


ケーブル:潤工社 テフロン被覆銀メッキコード 外径2.1mm
スイッチ:ASCU gen3 ver2メカボ用 付属の配線は太いので交換予定
モーター:Lonex A2  なかなかスバラシイ性能です。(性能を調べていただいたところ、マルイHK417用新型モーターの上位互換らしいです・・・!)
バッテリ:Nano-tech 7.4v 1200mAh 25-50c DSG用に新規調達。常時30A程度を要求されるらしいので、1200mAh×25c=30Aのこのバッテリーを選択。コネクタはディーンズ。

給排気等

スプリング:バトンM120 
SPガイド:VFC純正ベアリングガイド。写真に無いのは、ショップが間違えてSHSのガイドが来たせいです(汗 
スペーサー:SC SGSおよぴ樹脂スペーサー。今回の予定初速はインドアを考慮し85m/s@0.2g程度なので、おそらくSGSの出番はないかと思いますが一応そろえました。
シリンダー:そこらへんに転がってたKM企画 ワープシリンダー300
ピストン:ZC LEOPARD フルスチールピストン
ピストンヘッド:Wii-tech  ベアリングヘッド。重量に問題があればマルイ純正(錘なし)の予定。OリングはFRUS-Oリング。
その他:シリンダーヘッド、タペット、ノズル等はマルイ純正予定。
メカボ:VFC

トリガーがまだなので、明日明後日で下ごしらえをしていきます(`・ω・´)

  

Posted by TMS TAKESHI98 at 23:30Comments(0)MIDWESTっぽいの内部パーツ

2015年01月02日

LONEX A2 A5モーター インプレ2

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

https://www.youtube.com/watch?v=d99qDjLwA3A

EG1000と両モーターのサイクル比較してみました。(何気にようつべ初投稿)

くっそ見づらいですがご勘弁をw

EG1000→16発前半 A2→17発後半 A5→12発前後となりました。

セミのキレは動画だとわかりづらいですがA2>A5>EG1000ですね。でもA5とEG1000だと良く聞かないと判らないかも。  

Posted by TMS TAKESHI98 at 21:18Comments(0)内部パーツ