2017年08月23日

バイポッド比較(炭素2脚vsアトラス)

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

レトロの記事の前に、個人的にすごくほしかったものがやってきたのでちょっと比較記事を書いてみます。

左:RUGGED RIDGE OUTDOOR GEAR Extreme Pod(以下炭素2脚) 右:Accu-Shot BT10 V8 Atlas Bipod(以下アトラス)

アトラスは今年の4月?のVショーにてミルフリークスさんから購入。QDタイプでは無かったのでUTGのマウントでQD化してます。

で、今回本命は炭素二脚です!炭素!炭素!
マウントはデフォルトで手回し式のピカティニー用QDマウントがついて来ました。

裏?側

アトラス、炭素ともにマウントのロック機構が備わってます。炭素はハリスのポッドロックと同じく締め込んだ時のロッドの位置の微調整ができます。

展開

アトラスは横方向、炭素は縦方向にある銀色のロックパーツをプッシュすることで展開します。しかし、アトラスは一般的なバイポッドと同じく展開=使用可能になりますが、炭素のほうはハの字に開くだけです。

伸長

アトラスは4.75-9インチ、炭素は7-10インチです。自分が使用するときはショートマガジンなので最短でも問題ないです。ちなみに、アトラスは最大まで伸ばすと結構脚がプラプラします。自分の個体だけなのかと思いきやほかに実物を持ってる人に確認したり紹介動画を見るとどうもこれでデフォっぽいです。これで大丈夫だから人気なのでしょうが個人的には気になります…。炭素はねじ込みなのでがっちりです。

実際に立ててみる。

画像には撮ってませんが、アトラスは±30度のパンチルト機能を持っています。なのでベルサみたいに据え付けた状態からでも射撃方向の変更ができます。ただし一番緩めでもかなり固いのでこの機能を使って水平を出そうとすると結構苦労します。そのかわりエアガンくらいでは一番緩くてもひっくり返りません。なので自分が使ってた時はいつも緩めっぱなしでした。

アトラスのもう一つの特徴。45度傾斜状態。

これの何がいいってハリスとかよりさらに低く据え付けることが出来ます。なので腰がツライ人間には大助かりです。

続いて炭素

こっちも画像に撮っていませんが、パンチルト機能があります。その角度なんとパン方向360度、チルト方向90度!なので、

こんなことしたり


こんなことが出来ます。


当然前にも向けます

まあこれに関してはアトラスも足の方向を変えられるので同じことが出来るのですが、炭素のほうは何とこれが無段階調節できます。というか、脚の構造がカメラ用自由雲台にそっくりなのです。なのでハンドガード等と干渉しない限りかなりフレキシブルに動かせます。ロックもかなり緩くなるので水平も出しやすいです。ひとことで言うとロック機構の付いたベルサと言えます。

ただし問題がないわけではなく、自由度が高すぎるゆえに操作をミスると銃がひっくり返ります。ここら辺もベルサと同じですね。あと脚先はゴムではなくアルミです。ここら辺は好みもあるでしょうが、個人的にはゴムが良かったなあ(´・ω・`) 

あと、前述のとおり脚のロックは開閉にかかわるだけなので脚の収納には、脚折り畳み→雲台ロック解除→2脚本体折り畳み→雲台ロックという手順を踏みます。これはハリスなら戻すだけ、アトラスでもロック解除→折り畳みという手順から考えると結構手間に感じます。しかしやっぱ高さを無段階調節できるのはでかい・・・。



…まあいろいろあるけど一言。「炭素はいいぞ」


しかしハリス、アトラス、炭素ときてどれもそれぞれ一長一短で面白いです。




  

2016年08月21日

Knight's Armament rail mount anti cant device

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

ヤフオクのほうありがとうございました!
まだTシャツのほう残ってますんで、こっちも4649お願いします!
・ガンズ&コーヒー
・オークリー
・グロック

で、ぼちぼちヤフーポイントがたまってきたので、ヤフオクでちょっと買い物を。

ナイツのマークがまぶしい…。


「Knight's Armament rail mount anti cant device」です、ようは水平器ですね。
基本的にはトップレイルの一番後ろにつけるものだと思います。なのでかなりロープロファイルに作られてます。大体レイル面から9㎜くらいですね。

水平器は穴用スナップリングで止まっています。

こういう水平器は時間がたつと無色透明の液になってしまうので、スナップリングを外せればいつでも交換可能なようになってます。大体φ9mm長さ20mmの気泡管があればいいと思いますが、取り外して測ってないので違うかも(;´・ω・) ちなみにパッと探したところ日本製でこの規格のものはありませんでした…。

ねじは1/8インチ?のボルトキャップでがっつりネジロックがついてます。


くっ付けてみた。

オシャレ(*´ω`*) スコープのセンターがレイル面から36mm、接眼径41mmのスコープなので約15.5mmの余裕があります。接眼径58mmまでくらいまで行ける?(そこまででかい接眼径のスコープって俺は知らないですがw)

後ろから覗くとこんな感じ。

見づらいですが、構えても自然に、しっかり見えます。

まあしっかり見えればただの水平器なんで、オシャレ(*´ω`*)感が8割くらいなんですが、初実ナイツということで大満足でございます







  

Posted by TMS TAKESHI98 at 23:34Comments(0)外装パーツ

2016年05月30日

TROY アンビボルトリリース

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

今回はヤフオクでTROY アンビボルトリリースを手に入れたんで、前に手に入れていた tactical linkの同等品と比較してみたいと思います(´ー`)y-


troyは紙製の詳細なインストール説明書がついてます。

裏側にマイナスネジがあり、それで止めて表の芋ねじで固定する構造です。基本的な部分はTLと一緒ですね。

内容物は本体、六角と説明書だけなのでマイナスドライバーは別途必要です。


分解するとこんな感じ。

説明書にある通り裏側からねじ止めなので、テイクダウンするかアッパーを取り外さないといけないのはマイナス。また各種ネジにネジロックもついてないので出来れば別途用意する必要があります。

並べてみた。

TLは右手で押す部分がレシーバーにかなり寄っていたので、MWSだと少しレシーバーに触れてしまっていましたが、TROYは結構下なのでそこらへんは大丈夫そうです。レバー幅も広め。

で、一番の違いが重さ。

TROY


Tactical link

その差約3倍。TROYのボルトリリースでボルトストップ不調って聞いたことがないので、やっぱりこの重さが原因なんでしょうねぇ・・・。
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 21:52Comments(0)外装パーツ

2016年04月10日

DYTAC MWS用シルバーアウターバレル 16” 誤り訂正。

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

昨日のアウターバレルの記事に間違いがありましたので訂正します

昨日はバレル基部のフランジ径~と書きましたが、実際今日組んでみるとフランジ径自体は約29㎜あり手持ちのハンドガードではスペーサーは必要ありませんでした。ただし、

ピンボケ・・・。

このように基部がかなり膨らんでおりそのままだとバレルナットが通りませんでした・・・。なので通常使うようなバレルシム(当然内径26㎜くらいのもの)でバレルナットとバレルが擦れない程度までかさ上げが必要になります。もしくはバレルないしナットのほうを整形し直すか・・・。PWSはフランジの厚みに対してある程度対応が効きますが、RIS2やNSRなんかだともしナットが通らなければ大惨事ですね・・・。

以上訂正でした。
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 20:50Comments(0)外装パーツMWS BADっぽいの

2016年04月09日

DYTAC MWS用シルバーアウターバレル 16”

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

最近更新が滞ってたので小ネタを・・・。(ネタがないわけではないのですが・・・。Queenテストゲームとか25チャレンジとか)
ジャン!


DYTAC MWS用シルバーアウターバレル 16”です。ORGAさんとこで予約してました。1ヶ月以上待ちました( ゚Д゚)

仕上げはかなり綺麗です。少々バリはありますが。DYTACのバレルらしくガスブロックとガスチューブもくっついて来ます。

基部付近

まだMWSのバレルを分解したことはないですが、ネットに上がってる画像と比べてもあまり違いはなさそうです。フランジ径はマルイ規格なので社外ハンドガードをつける際はGAWやORGA等々のスペーサーが必要ですね。測ったところフランジ径は約29㎜ありましたが、バレル基部がかなり膨らんでいます。スぺーサーはいらないかもしれませんが、今度はバレルナットが通らない可能性があります。

MABULLのnoveskeバレルとの比較。

非常に見づらくてすみません(;´・ω・)MADBULLのほうはどちらかというと白っぽいですが、こっちはシルバー!って感じです。

重さ。

約370g

さていつ組めるかな・・・。

というのも、

こんなのも買ってたり・・・。金欠∩(・ω・)∩ばんじゃーい
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 18:53Comments(0)外装パーツMWS BADっぽいの

2016年01月08日

マルイ M4A1 MWS デコリpart2&ボルトストップ不調改善

皆様新年あけてもうだいぶ経ちますが、 あけましておめでとうございます!
また今年もよろしくお願いいたします(°∀°)

去年の撃ち納めは無事怪我無くかえってきてました。今年は何回サバゲーと射撃イベントに参加出来るだろうか…。

閑話休題

えーMWSですが、前にタクティカルリンクのアンビレバーを取り付けた際に、ボルトストップが不調になるって書きましたが、あの解決方法だと駄目なことがわかりました(^_^;)
新しい解決方法が見つかったので、もしああいうレバーを取り付けてボルトストップが不調になった方のヒントになればと思います(・ω・)

やり方は簡単。

このようにゴムなんかをボルトストップレバーの裏に貼ってあげるだけ。これだけで完全に治りました。
これをする前に実験したところ、ほんのちょっとレバーに触りながら撃つだけでボルトストップがかかってたので、おそらくブローバックの衝撃で一瞬レバーが逆方向に揺れるぽいです。それを防ぐため、レシーバー方向へ必要以上に行かないようにボルトレバーを押さえつけるためにゴムを貼ります。
今まではスプリングでどうこうしようとしてましたが、こっちのほうが確実ですので画像に写ってるスプリングは外しました。基本的には見えないですが、もし射手から見えるのが嫌であればレシーバー内部のどこかで同じような効果になるところにゴムを貼ってあげればいいと思います。


ちなみにMWSですがデコリは着々と進んでたり・・・。

このきらりと光るかの有名なバッファーや、アンビチャーハンラッチ(電動用が使えました)

大型マガジンキャッチボタン「ODIN works XMR GEN2」

ちなみにマガジンキャッチ本体のねじと、マガジンキャッチボタンのネジ径は合わないので、加工が必要です。(ただし無理やりねじ込むこともできなくはないです。一部のネジ山はつぶれますが取り付け自体はできます)

うーむお金が吸い取られてく・・・。
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 19:05Comments(0)外装パーツMWS BADっぽいの

2015年12月12日

MWS+TL製 Enhanced Battery Assist Lever

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

MMSさんのイベントより無事帰ってました。以下詳細(丸投げ)
http://mmstyped.militaryblog.jp/e715601.html
自分は偶数チームでしたので勝ちでした!いやー楽しかった。特にアンカーで回ってきたシュートオフで、両チーム唯一連続で達人君を叩き落せたのが脳汁出ました・・・。

まあいいことが続くはずもなくそのあとの25チャレンジはグダグダでしたが・・・。

閑話休題

Tactical Link製 Enhanced Battery Assist Lever です。troyのAmbidextrous Bolt Releaseに一目ぼれしてほしいほしい病が発症してたんですが、どうしても無いのでこっちに。

BAD系の(そもそもBADが元祖なのかわかりませんが)ボルトリリースをアシストするレバーです。本土だと26ドル前後、日本だと・・・。

と、とにかく装着してみます。

取り付け自体は簡単です。必要な六角レンチは付属しますし、ねじにはネジロックがついているんでそのままでおk。
まず本体を寄せて・・・。

もう一方のパーツを上からねじ止め。

ポン付けおk。

これは通常状態


ボルトストップがかかるとこんな感じ


こっちは裏側通常状態


ストップ

思ってた以上に出っ張ります。また、ボルトストップ時にレシーバーにレバーが触れていますが動作には問題ないです。出来れば曲げ直しするか削って触れないようにしたほうがいいです。ボルトストップの掛かりが浅くなってしまいます。
全体図

非常にオサレ感あります。

利便性はいいです。右手ではもちろん左手で解除しようとした時にも、レバーのおかげで面積が増えているのでやりやすいです。ただ、ちょっとマグキャッチが押しづらくなってしまうので、ここも面積の広いボタンに変えたいなーとか思ってたり(AR沼)



追記 2015/12/13
装着したところ、レバーの重さのせいかボルトストップがかなりかかりにくくなってしまったので、

このように電動ガンのセレクタープレート用のスプリングを流用してちょっとテンションをかけてあげてます。スプリング径がちょうどぴったりなのでねじ込んで、瞬着を少し垂らして完了。きちんとボルトストップがかかるようになりました。

あくまで応急処置なので、できれば内部調節で済ませたかったですが今日半日では解決できませんでした(;´・ω・)
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 20:17Comments(0)外装パーツMWS BADっぽいの

2015年04月19日

PTS EPM インプレ

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

ネタがありませんorz

最近手に入れた(といっても前回の記事にもばっちり載ってましたが)PTS EPM(ENHANCED POLYMER MAGAZINE)です。Magpul PTSではないですPTSですw 香港マニアで購入、セールにつき一個3000円。

ほんとうはP-magが欲かったんですが、どこも品切れor馬鹿高いので、グリーンレーベルかこの新型マグが選択肢にあがりました。結果は材質や20連タイプグリーンレーベルの質から考えてこっちにしました。

見た目はE-magっぽいですが、新型のマグバンパーが付いてます。でも自分は右から2番目みたいにマグプルをつけちゃうのであんまり意味がありませんwこのバンパーは接地させると銃がほぼ水平になるように角度が付いてます。あれ?なんか実物パーツでこんなものがあったような・・・?
あと画像からは見えませんが、中はクリア素材で、マグキャッチの掛かる部分から給弾ルートが見えます。100発くらい入れるとBB弾が見えるっぽそうです。ちなみに装弾数は150発。

マガジンフォロアーがオレンジです。珍しいですね。

で、ちょっと困ったことにマガジンリップのバネがめちゃくちゃ硬いです。最初はマガジンの厚みで奥まで刺さらないのかと思いましたが、どうにもここが悪さしていたみたいです。本当は分解してバネを短くするべきなんでしょうが、面倒なので気休めにフッ素オイルを吹いてマガジンをさしっぱにしてバネのへたりを待ちます。おかげでまだ硬いものの、ほぼ気にならないくらいにはなりました。

マグバンパーは取り外し可能で、P-magのバンパーやレンジャープレートも取り付け可能みたいです。

P-magと形状が違うように見えますが、ただ隠れているだけなのでご心配なく。

総評としては若干問題があるものの非常に優れたマガジンだと思います。給弾もまあ普通で、G&G 0.2gならDSG機の36発/s(実は9枚歯DSGをセクカして8枚歯にしてますw)も問題なく給弾します。
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 20:37Comments(0)外装パーツ

2015年02月19日

CRUSADER M4AEG MATCH マガジンボタン

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

スコープが来る前にまたチマチマ散財しております。

CRUSADER M4AEG MATCH マガジンボタン

の黒!

取り付け自体はたいしたことはありません。ただVFC用とのことでG&P製アンビマグキャッチとの互換性が心配でしたが・・・。

付きました!土台さえ付けば後は問題なし・・・。

というわけも無く赤丸部分が干渉します。

干渉してもボタンは押せるので脱着に問題はないですが、干渉したままというのもアレなので、

カット!

アルミ用の黒染め液は持ってないので、車用の黒色ペンで塗っときました。

OK。

これつけても、結局は土台部分を押さないとマガジンは外れません。なので普通のマグキャッチだと指がとどかねえ!という理由でつける意味は薄いと思います。ボタンが収まる部分のフレームの形状がタイトだと普通に端をおしてもマグキャッチとして機能しました。うちの個体でいうとURX4 13inは端×、10inは端○ 
個人的には、スタンバイ状態での指の置き場としてそえたときにしっくりきます(*´∀`*)

こういった小物パーツも黒で統一するのも味気ないので、シルバーかなんかで塗装しようかしら?




  

Posted by TMS TAKESHI98 at 21:34Comments(0)MIDWESTっぽいの外装パーツ

2015年02月11日

BCMガンファイターバーティカルグリップMOD3

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

艦これのほうはすっかり遠征&朝霜掘りの真っ只中です。いつ出るのかなー。

で、ひさびさにエアガンネタ。

BCMの実物フォアグリップ。

個人的な理想形で、こんなフォアグリップあればなーと思ってたところにこれが来て、思わず予約かけてしまいました。
予約先はGUN BLUEさん。10inと13in用に2つ購入。

マグプルのフォアグリップ(レプ)との比較

長さと全体的な厚みはレプグリップのほうがありますが、横幅はBCMのほうが広め。

分解してみました。

上の銀色のパーツがkeymodに引っかかり、下のネジにて固定する模様。ネジを木ってある部分は別パーツ(一番下の四角いパーツ)になっているのでなめても安心の親切設計。

取り付けにはT15のレンチがいります。

ここのネジを緩めて取り付けます。

取り付け方法

ネジを緩めて、裏から押すと取り付け部分が浮きます。ネジを緩めすぎると外れてしまうので注意。また、あんまり押すと、とりつけ部分と一緒になってる黒いカバーパーツも取れてしまいます(このパーツはただ上からかぶさっているだけ)

で、浮いた部分をkeymodにあてがって前にずらします。

妙なところに取り付けてますがツッコミはなしでww

あとはネジを締めてOK

iron airsoft製 URX4にはポン付けでいけました!

しっかしこのグリップ良いですねえ。keymod直付けによる一体感と絶妙な傾き。個人的にはAFGやStark SE5なんかだと傾きすぎなので この傾きが最高にしっくりきます。お値段もGUN BLUEさんだと1つ6300円+送料。エアソフト用フォアグリップとしては高いですが、他のkeymodパーツに比べれば安いほうだと思います・・・。

非常に満足なパーツでした!

  

Posted by TMS TAKESHI98 at 21:03Comments(0)MIDWESTっぽいの外装パーツ