2017年07月19日

MWSの現状

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

何度目かわからんですが広告が出てしまったのでプチ更新。
そういえばMWSのレシピというか(レシピもクソもないけど)そんなの書いて無かったと思ったのでつらつらと書いてみます。

まあ基本中身はMWSそのままなんで、外装がどうなってるかって話なんですが…。

・MWS BADっぽいAR15
内装
ロワー
・ボルトキャッチBはGuns Modify ボルトストッププレートに、トリガーはIRON製CMC triggersタイプ、それ以外はマルイ純正
アッパー
・バレルアッセンブリ:純正、SCPのみ追加
・ボルト回り:ロッキングラグがとある方に作っていただいたチタン製。バッファが庭さんバッファ。それ以外は純正

外装
ロワー
・ロワー本体:IRON製BADタイプ 
・グリップ:MAGPUL MOE K2 (グレー)
・マガジンキャッチ:STRIKE INDUSTRIES エンハンスドマガジンキャッチ+Odin Works XMR2(シルバー)
・セレクター:iron製v7タイプ
・テイクダウンピン:iron製bad epsタイプ(Nitride)
・ボルトストップ:TACTICAL LINK Enhanced Battery Assist Lever(FDE)
・ストック:MFT ミニマリストストック(FG)
・バッファーチューブ:BAD(無刻印)
アッパー
・アッパー本体:IRON製BADタイプ 
・ハンドガード: Daniel Defense MFR XS 15"
・バレル:IRON製BADタイプ 16"
・マズルデバイス:PTS製 GRIFFIN ARMAMENT M4SD MUZZLE BRAKE
・ガスブロック:IRON製BADタイプ
・チャージングハンドル:IRON製ラプタータイプ ガイズリ―刻印
・光学機器:Leupold VX6 CM-R2+AERO PRECISION Ultralight 30mm Scope Mount(今現在)

一応画像ものっけときます…。需要が無いとは思いますがオリジナルサイズも見れます(画像クリック→下向き矢印クリック→View all sizes→Original)

実は、画像ロダ代わりにしていたついっぷらがサービス終了になってしまったので新しい画像ロダの試験運用も兼ねてます。調子が良ければこれで行きます。筒覗き画像自体はオリジナルを持っているのですが再うpメンドクサイ…。



  

Posted by TMS TAKESHI98 at 00:11Comments(0)MWS BADっぽいの

2016年12月28日

MWS 色々外装変更

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

ヤフオクのほうありがとうございました!今日すべての荷物の発送が終わりました。これで身軽に年を越せます。

で、MWSですがこのよううなものを手に入れたので、外装をアップグレードしました。

M4A1 MWS BAD556レシーバーやV7セレクター、ストレートトリガー(全部iron)です!このレシーバー、一瞬で在庫が払底したので今現在ほとんど入手不可能かと思います。自分は先にパートナーの方に話をつけておいたので運よく入手できました。

レシーバーそのものに関しては「うなぎ小屋」さんに詳しく乗ってるので割愛。

とりあえずトリガーを交換。これでうちのてっぽうはみんなストレートに。

分解もいろんな方が記事を書いてるので割愛。トリガーに関してはポン付けいけました。

マグキャッチは最初G&PのWA用を使おうと思ったのですが、規格が全く違い断念。

GBBはホント知識不足で…。

なので、実規格だそうなironのマグキャッチが使えるそうなのでSIの実を購入。


しかーし、SIのは今度はレシーバーの中に入り込み過ぎて、マガジンが一切刺せない状態に。キャッチの位置を調節すれば機能を果たすのを確認したので、位置調整をすることに。ただ、パテ等でやってもすぐに摩耗したりオイルに晒されたりするので、10分ほど悩んでひらめきました。

電動ガンの初速調整用に作った厚さ5mmのPOMリング(しかし外径をミスって使えずジャンク箱に放置されてた)をカットして整形。

うまくマグキャッチの支柱?とレシーバーの間のここにはめます。

これはあえて接着等はしてません。なんかあった時に取りやすくしてるのと、たぶん接着してもとれてしまうので。接着しなくても今のところずれたり、不具合等は起きてません('ω')

それとボルトストップがちょっと干渉してました。

レシーバーをよーく見ると、

使いまわしですが、ボルトストップの入る隙間の下方部分、BADのほうが結構厚いような気がします。せっかくのレシーバーを削りたくないのでボルトストップ側を加工。

こんな感じ。

どうせレバーで隠れるので、折れない程度に適当に。
 
次にストック回りですが、このレシーバー、各種取り付け用のねじピッチがインチなのでMWSから移植ができません。

したがってironやVFCのV2、もしくは実バッファチューブが必要になります。
ただし、ironはエンドプレートの回転止めの掛かりが浅いとの情報が、V2はこうなってしまったので、BADの6ポジ実バッファーチューブを購入。BADといっても、刻印等は一切ないフツーのチューブです。

で、実チューブはトイガン用と比べて深いので微調整が必要になります。

チューブ径は約1インチなので、25mmと、入らなかったとき用に22mmをチョイス。結局25mmを6枚9mmほどかさ上げしました。これはほぼロッキングラグだけが見えるくらいの深さで、純正より深めです。あとあと気づいたのですが、こうすることでボルトストップがかかりづらかった症状が解消されました。これはボルトの後退距離が伸びた分、ストップのかかるまでの時間が稼げるようになったからだと思います。

バレルはダイタックを流用、ハンドガードはミリピッチのPWSが使えないので、iron製FORTIS RAINEIR556Switch M-LOK RAIL(WA用)12”をチョイス。本当は14”くらいが欲しかったのですが、どうにもironさんはM-lok用の14”を作る気が無いらしく…。

取り付けは楽でガッチリつきます。レシーバーとの隙間も全く無く、テイクダウンしてもレシーバーに傷がつきません。もっと長いハンドガードを買うまでのつなぎ扱いでしたが、これでも良さそう(*'ω'*)

で、残りのk2グリップや純正チャーハン等も移植して完成。

内部のほうはボルトストップを除きほぼそのまま移植。

もちろん庭さんバッファーもおk。

さて、おそらくこの記事が2016最後の記事だと思います。今年は色々とお世話になりました。このブログもいつまで気力が続くかわかりませんが、続く限りは頑張りたいと思います。また来年もよろしくお願いいたします(`・ω・´)
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 22:15Comments(0)MWS BADっぽいの

2016年09月30日

マルイMWS ボルトキャリア穴あけ。

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

今日は(も)ちょっと内容うすうすですがご容赦。


ご存知の方も多いと思いますが、実銃のボルトキャリアには穴が開いております。なんでも発射ガスを逃がすためとか。

しかしトイガン用のボルトキャリアには誤認防止(めんどくさいから)のためなのか穴が空いてないことが多いようです。なので空けっちまおうと。まあがらがし先生の丸パクリなんですがね。

で、本当はこいつを組むほうが本命だったんですが、

ちょっとTL製のアイツのせいでボルトキャリアがすっごいセンシティブなので、その再調整がメンドクサイ&純正スプリングだとリバウンドが起きてしまったのでお蔵入りに…。

作業としてはこれがなかなか難しい。ただボール盤で穴開けりゃいいだけなんですが、ちょっとでもずれるとヒジョーに格好が悪い。実際少しずれてしましたが、細いドリルから始めていたのでちょいちょいッと修正が効きました。

ちなみに、自分はシルバー色のボルトキャリアが好きなので見える部分だけ塗装も剥いで見ました。

こんな感じ。ブローバックも初速も変わりなく、おそらく弾道も変わってないのでおkでしょう。

動作状況

ででで、今ヤフオクに出てるTシャツですが、サバしよのフリマ枠に持っていくため明日の9時で一旦締めますので、購入を考えていらっしゃる方は出来ればお早めに・・・。あ、言っていただければサバしよでお渡しすることも可能です。その場合は送料分お安くしますのでよろしくお願いします。
・ガンズ&コーヒー
・オークリー
・グロック
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 22:30Comments(0)MWS BADっぽいの

2016年07月15日

UAC Aluminum Bolt Carrier

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

本来はS&TのLVOAの続きの予定でしたが、最終調整のテストと撮影がまだなので新しく衝動買いしたおもちゃのインプレでも。

ドン!

UACのろごってかっこいいですねえ…。

廃!日本に入ってきたてほやほやの新パーツです!

UAC Aluminum Bolt Carrier for marui mws です。
ええもう見た目・・・っていうか色に惚れましてですね、衝動買いでございます…。

ではとりあえず純正と比べてみましょうか。

あ、もうパーツが移動してますが、基本的にキャリア以外の一式は純正からの移植です。

基本的にほぼ形状はトレースしてますね。


ここのお外から見える部分はちょっと形状が変わってます。

純正にあったセレーション?(名称不明)のようなギザギザがなくなってますねえ。まあ実銃でもこのギザギザがない奴もあるのでいいのかな?また、見づらいですが、ボルトストップのかかる部分には割れ防止加工(メカボとかでやるアレ)がされてます。

パーツの精度は出てるようで、組み込みに関してはポン付けでいけました。高精度なパーツを作るUACらしいです。

んでもって各重量。

本体は約66g

錘の部分は30g

製品情報では97gらしいのでだいたいこんなもんでしょうか。

一式組んでみると約131g

どこかで純正ボルト一式の重量が約220gと聞いたような気がしたので約90g軽くなりました。

見た目。

オーディンと合わさってすごくいい…。チャーハンもバレルもシルバーなので統一感あってだいぶかっこよくなってきました!



・・・っておいいいいい!



まだ数十発しかボルトストッピかけてないんですけおおおおおおおお!
12000円が数時間でジャンクになりました(^q^)

・・・はいっ!良い子のみんなはちゃんとマルイ純正のバッファーを使うようにね☆
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 22:01Comments(0)MWS BADっぽいの

2016年04月10日

DYTAC MWS用シルバーアウターバレル 16” 誤り訂正。

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

昨日のアウターバレルの記事に間違いがありましたので訂正します

昨日はバレル基部のフランジ径~と書きましたが、実際今日組んでみるとフランジ径自体は約29㎜あり手持ちのハンドガードではスペーサーは必要ありませんでした。ただし、

ピンボケ・・・。

このように基部がかなり膨らんでおりそのままだとバレルナットが通りませんでした・・・。なので通常使うようなバレルシム(当然内径26㎜くらいのもの)でバレルナットとバレルが擦れない程度までかさ上げが必要になります。もしくはバレルないしナットのほうを整形し直すか・・・。PWSはフランジの厚みに対してある程度対応が効きますが、RIS2やNSRなんかだともしナットが通らなければ大惨事ですね・・・。

以上訂正でした。
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 20:50Comments(0)外装パーツMWS BADっぽいの

2016年04月09日

DYTAC MWS用シルバーアウターバレル 16”

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

最近更新が滞ってたので小ネタを・・・。(ネタがないわけではないのですが・・・。Queenテストゲームとか25チャレンジとか)
ジャン!


DYTAC MWS用シルバーアウターバレル 16”です。ORGAさんとこで予約してました。1ヶ月以上待ちました( ゚Д゚)

仕上げはかなり綺麗です。少々バリはありますが。DYTACのバレルらしくガスブロックとガスチューブもくっついて来ます。

基部付近

まだMWSのバレルを分解したことはないですが、ネットに上がってる画像と比べてもあまり違いはなさそうです。フランジ径はマルイ規格なので社外ハンドガードをつける際はGAWやORGA等々のスペーサーが必要ですね。測ったところフランジ径は約29㎜ありましたが、バレル基部がかなり膨らんでいます。スぺーサーはいらないかもしれませんが、今度はバレルナットが通らない可能性があります。

MABULLのnoveskeバレルとの比較。

非常に見づらくてすみません(;´・ω・)MADBULLのほうはどちらかというと白っぽいですが、こっちはシルバー!って感じです。

重さ。

約370g

さていつ組めるかな・・・。

というのも、

こんなのも買ってたり・・・。金欠∩(・ω・)∩ばんじゃーい
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 18:53Comments(0)外装パーツMWS BADっぽいの

2016年01月08日

マルイ M4A1 MWS デコリpart2&ボルトストップ不調改善

皆様新年あけてもうだいぶ経ちますが、 あけましておめでとうございます!
また今年もよろしくお願いいたします(°∀°)

去年の撃ち納めは無事怪我無くかえってきてました。今年は何回サバゲーと射撃イベントに参加出来るだろうか…。

閑話休題

えーMWSですが、前にタクティカルリンクのアンビレバーを取り付けた際に、ボルトストップが不調になるって書きましたが、あの解決方法だと駄目なことがわかりました(^_^;)
新しい解決方法が見つかったので、もしああいうレバーを取り付けてボルトストップが不調になった方のヒントになればと思います(・ω・)

やり方は簡単。

このようにゴムなんかをボルトストップレバーの裏に貼ってあげるだけ。これだけで完全に治りました。
これをする前に実験したところ、ほんのちょっとレバーに触りながら撃つだけでボルトストップがかかってたので、おそらくブローバックの衝撃で一瞬レバーが逆方向に揺れるぽいです。それを防ぐため、レシーバー方向へ必要以上に行かないようにボルトレバーを押さえつけるためにゴムを貼ります。
今まではスプリングでどうこうしようとしてましたが、こっちのほうが確実ですので画像に写ってるスプリングは外しました。基本的には見えないですが、もし射手から見えるのが嫌であればレシーバー内部のどこかで同じような効果になるところにゴムを貼ってあげればいいと思います。


ちなみにMWSですがデコリは着々と進んでたり・・・。

このきらりと光るかの有名なバッファーや、アンビチャーハンラッチ(電動用が使えました)

大型マガジンキャッチボタン「ODIN works XMR GEN2」

ちなみにマガジンキャッチ本体のねじと、マガジンキャッチボタンのネジ径は合わないので、加工が必要です。(ただし無理やりねじ込むこともできなくはないです。一部のネジ山はつぶれますが取り付け自体はできます)

うーむお金が吸い取られてく・・・。
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 19:05Comments(0)外装パーツMWS BADっぽいの

2015年12月12日

MWS+TL製 Enhanced Battery Assist Lever

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

MMSさんのイベントより無事帰ってました。以下詳細(丸投げ)
http://mmstyped.militaryblog.jp/e715601.html
自分は偶数チームでしたので勝ちでした!いやー楽しかった。特にアンカーで回ってきたシュートオフで、両チーム唯一連続で達人君を叩き落せたのが脳汁出ました・・・。

まあいいことが続くはずもなくそのあとの25チャレンジはグダグダでしたが・・・。

閑話休題

Tactical Link製 Enhanced Battery Assist Lever です。troyのAmbidextrous Bolt Releaseに一目ぼれしてほしいほしい病が発症してたんですが、どうしても無いのでこっちに。

BAD系の(そもそもBADが元祖なのかわかりませんが)ボルトリリースをアシストするレバーです。本土だと26ドル前後、日本だと・・・。

と、とにかく装着してみます。

取り付け自体は簡単です。必要な六角レンチは付属しますし、ねじにはネジロックがついているんでそのままでおk。
まず本体を寄せて・・・。

もう一方のパーツを上からねじ止め。

ポン付けおk。

これは通常状態


ボルトストップがかかるとこんな感じ


こっちは裏側通常状態


ストップ

思ってた以上に出っ張ります。また、ボルトストップ時にレシーバーにレバーが触れていますが動作には問題ないです。出来れば曲げ直しするか削って触れないようにしたほうがいいです。ボルトストップの掛かりが浅くなってしまいます。
全体図

非常にオサレ感あります。

利便性はいいです。右手ではもちろん左手で解除しようとした時にも、レバーのおかげで面積が増えているのでやりやすいです。ただ、ちょっとマグキャッチが押しづらくなってしまうので、ここも面積の広いボタンに変えたいなーとか思ってたり(AR沼)



追記 2015/12/13
装着したところ、レバーの重さのせいかボルトストップがかなりかかりにくくなってしまったので、

このように電動ガンのセレクタープレート用のスプリングを流用してちょっとテンションをかけてあげてます。スプリング径がちょうどぴったりなのでねじ込んで、瞬着を少し垂らして完了。きちんとボルトストップがかかるようになりました。

あくまで応急処置なので、できれば内部調節で済ませたかったですが今日半日では解決できませんでした(;´・ω・)
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 20:17Comments(0)外装パーツMWS BADっぽいの

2015年11月18日

マルイ M4A1 MWS デコり。

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

先日入手したMWSですが、外装のデコりが一段落したので相性含めて報告をば。




まず後ろから。

ストックはMOEのレプ+バットパッドの0.7。がたつきがあったので、滑りテープで間詰め。伸縮方向のがたはどうしようかと思案中。グリップはマグプル(PTSじゃないよ!)のMOE K2グレー。これはポン付けOK。スリングはPTSのMS2。トリガーガードはPTSのPTW用ですが問題発生。

フレームの、トリガーガードが収まる角度?が悪くピンを打ち込むとこのようにピーンと・・・。

なので当たる部分をしこしことやすりで整形。削りすぎるとピン穴まで行ってしまうので慎重に。


ダットはずっと放置されてたHOLOSUN HS503C。


ハンドガードは前回と同じPWS 15インチ。アッパーとの間に約0.5㎜ほどの隙間と段差が・・・orzバレルは純正、ハイダーはSUREFIRE FH556-216のレプ。フォアグリップはBCM Gunfighter Vertical Grip Mod 3 Keymod


というわけで、一部ちょっと加工が必要な部分がありますがおおむね組み込みは楽にできるようです。あとは中身か・・・。
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 17:25Comments(2)MWS BADっぽいの

2015年11月15日

マルイ M4A1 MWSちょいかすたむ


皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

とうとうマルイのガスブロM4出ましたね!自分も今日届きました。

実は長物のガスブロは初めてで、その楽しさに驚いております。

レビュー等はいろんなサイトの方々がやっているので割愛。動作性良し、反動良し、塗装は・・・よくわかりませんwただ、全く問題がないわけではなく、現状でその最たるものはバレルでしょう(#゚Д゚) ゴルァ!!

画像取ってないのであれですが、バレルフランジの部分が通常のものと比べて大幅に径が小さく、付属のバレルナットを使用するもの以外は社外ハンドガードの取り付けが非常に難しくなってます(#゚Д゚) ゴルァ!!
スペーサーをかませれば固定できるでしょうが、アッパーとの隙間がイヤン!なことになるのは目に見えてるわけで…。

そんな中、自分が取り付けようと今年の春ごろ買ってあったのが「Madbull PWS 15inch DI KEYMOD HandGuard」です。当初は何にも考えずかっこいいという理由で買ってましたが今考えると現状ベストな選択でした。

このハンドガードのバレルナットは2ピース構造で、

先にバレルナット本体を取り付け、

その後「バレル本体を固定するナット」でバレルを固定します。


この方法は、勘のいい方ならお分かりかと思いますが「バレルフランジの厚みによらずハンドガードを可能な限りアッパーに寄せられる」方法です。もちろん限度はありますが。これは通常の電動ガンでも非常に有効ですが、このMWSでは、自分が確認した中ではほぼ唯一きちんと取り付けが可能なハンドガードだと思います。

もちろん無加工では「バレル本体を固定するナットの径>バレル」なのでバレルの固定は全くできませんが、「外径30mm内径21mm」のワッシャー等を用意できればバレルとの間にはさむだけで固定が可能です。自分は32mm×12mmのワッシャーを買ってきてドリルで整形しました。

色々仮組み。

これでも形だけでなくきっちり固定できてます。あとはストックとグリップくらいは交換したいなあヽ(;´Д`)ノ


  

Posted by TMS TAKESHI98 at 00:47Comments(0)MWS BADっぽいの