2016年11月08日

King arms BRO rifle セッティング

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

広告が出てしまったので急いで更新(;´・ω・)

BROですが、予定通りMIDWESTからDSGを移植しました。
ただ、うちには諸事情によりレトロの分割メカボが2つあったので( ゚Д゚)、どうせならということでそれを使ってみました。

これが結構難産で、あっちゃこっちゃ削ったり盛ったり、ASCUぶっこわしたり
まあいろいろありましたが無事こうなりました。

今NSRがバラバラなので、弾道チェックも兼ねてマーチを拝借。

以下レシピ
・メカボ RETROARMS CNC Split gearbox v.2 with int. Hop Up Chamber - QSC 8mm 最初期ロット

・駆動系
ギア:セクター DSG 9枚歯→引き始め側セクカ1枚にて8枚歯 スパー SHS 12:1 ベベル マルイ4枚ラッチ
ギアグリス:super lube ドライフィルムスプレー+PTFE配合多目的オイル+超耐久チェーン用潤滑油
軸受け:ZC LEOPARD 8mmオイルレス
軸受け潤滑:AZ CKM-001 超極圧・水置換スプレー
・給排気系
ピストン:ZC LEOPARD フルスチールピストン
ピストンレール潤滑:GAW G-グリス
ピストンヘッド:WII tech製+マルイ純正
ピストンヘッドOリング:FRUS-Oリング
シリンダー:KMワープシリンダー 300
シリンダーヘッド:マルイ純正
シリンダー潤滑:GAW G-グリス
スプリング: バトン120% かさ上げ10mm
スプリングガイド:RETROARMS
タペットプレート:マルイ純正 DSG加工 
ノズル:RETROARMS 21.3mmを21.2mm化
ノズル潤滑:GAW G-グリス

・電装系
モーター:Lonex A2
配線:ASCU配線
スイッチ:ASCU Gen4 ver2


・バレル:マッドブル ブラックパイソン285mm 新試作チャンバー

初速:89m/s ギャロップ0.2g
サイクル:35発/s@ nano-tech 7.4v 1200mAh 25-50c

midwestと比べると、べベル、グリス、ASCU、バレル等を再セッティングした以外はそっくりそのまま移植しました。べベルは、ASCU使うので逆転ラッチがいらないのにわざわざHC用の貴重な奴を使うのもアレだったので…。

そのほか、グリスは純粋にアップデート、ASCUはぶっ壊したので再購入、バレルはDSGとインドア仕様ということで初速を低く抑える必要があったのでフラットホップのが具合がいいだろうという判断です。

ASCUに関しては個別にインプレする予定はないですwシステムは一緒でソフト、ハードの耐久性が向上しただけのようなので…。あ、配線はGEN3のゴン太配線から常識的な太さに変わったのでそこはいじらなくても良くなりました(なので、日本製のシルバーコート配線だった前回よりサイクルが1発減っています。)ただ、RETROのメカボにはGEN3もGEN4もポン付けとはいかずだいぶメカボのほうを削りました。もはやASCU側をどうこうというレベルではなかったです(;'∀')

ストックは、NOVEフレームと同じくフレームに固定できるようにGM8300でネジ切り。

もともとKAのフレームがSPガイドのQDに対応していたのでパイプを固定する部分の穴がすっごい大きく、センター出しに苦労しました。

こんな感じ。

これをすることで、分割メカボのシリンダー側が、フレームピン2本外すだけで取れます。なので初速調整やピスクラ時に交換が容易です。あとちょっと実銃っぽい('ω')

あと、どうせなので限界までトリガーストロークを詰めてみました。


でも、そこまでセンシティブじゃなく、セミをぶrrrっろおろろあああって撃つのはちょっときついです(;・∀・)

で、これをこの前の日曜日にホームフィールドのVLHLさんに持て行って耐久テストをしました。(そういえば最近サバゲー記事書いてないな…。)

結果は全くトラブルなくこれ1本で戦ってこれました。驚いたのは飛距離で、朝の弾速チェックでは78m/s 0.25g(VLHLさんが弾速チェックで使用するBB弾は、VLHLさんが用意したものを使います)でしたが、試しにキングアームズの0.25gで試射したところ低伸弾道で普通に50m先のネットに当たってました。たぶんチャンバーをセッティングするときに施したホップアームの改造がいいほうに作用したのかなと思います。初速も285mmのバレルに軽量化ピストン、DSGでありながら最少と最大で-1m/s 0.2gくらいと非常にいい塩梅。

まだちょっと甘い部分はありますが(アームの左右のガタをめんどくさがって取らなかったり)方向性は良さそうなのでこのまま行きます。
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 21:21Comments(0)BRO COMP 3G

2016年09月02日

King arms BRO rifle

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

MWS以来の自分用本体購入です。king armsのblack rain ordnance 認定のARになります。カテゴリーは「rifle」

そもそもblack rain ordnanceって(以下BRO)何ぞやという方に説明すると、2009年にミズーリ州に設立されたARメーカーの一つで、コンプリートガンやAR用のパーツの設計製造販売を行っている会社のようです。ここの会社では特にハンドガードが特徴的で、ほとんどすべてのハンドガードがトップレイルを大幅にカットされたうえ、側面には先端の一部以外はレイルはおろかkeymodやm-lok、独自規格の後付けレイルさえないフラットな形状をしておりそこにでかでかと「BLACK RAIN」と刻印が入ってます(アンダーはおそらくm-lokで統一)先端部分はm-lokだったりレイルだったり2つ組み合わさっていたりするようです。m-lok派のようでkeymodの製品は見つかりませんでした。17.76インチの超長いも売っていたり(実はこの17.76インチの奴は買っていたり…。)

でん!

rifleシリーズは基本的に18インチのバレル(少し短いかも。)に15インチハンドガードの組みあわせのようです。

レシーバー。

ここら辺はさすがキングアームズといったところです。作りもそうですがきっちりBROのレシーバーを再現してます(ライセンス持ってるから当然っちゃ当然ですが)

LET IT RAIN!!

こういうデザインの凝ってるダストカバー大好きです。見えづらいですがダミーボルトにもBROのエンブレムが入ってます。なにげにアンチローテーションリンクもgen2スタイル。

グリップも特殊。

本物はMAGPUL MIAD GRIPなのですが、こちらは機能だけそっくりの別デザイングリップになります。フィンガーチャンネル有り無しと、太さの違うヤツ2種類、それとビーバーテイル無しが選べます。

フリップアップサイトはtroyもどき。

これはまあごく普通。

でハンドガード。

実銃ではレイルはハンドガードと一体ですがこちらは取り外しがききます。そもそもこのハンドガードはなんていうタイプなんでしょうか、少なくともホームページにはありません・・・。昔はあったかもしれませんが(Black Rain Ordnance Lightweight Modular Railと検索すると出てきました。本家では載っていませんがショップでは売っています)ちなみにアンダーは何にもなしです。なのでフォアグリップやハンドストップ等は自分で加工したりしないとつけられません・・・。
マズルデバイスはHEXAGONAL COMPETITION COMPENSATORS、バレルは5本スリットのタイプです。あと多段式のマガジンが1つ付いて来ますが、結構抜き差しがきつい。EPMもPMAG(PTS公式)もきついです。でも差せない抜けないレベルではないので一応大丈夫そうです。

ストックはEMODタイプ。

フツーのEMODタイプですね。

とりあえずパーツを移植。

んほー素晴らしい!

で、実はうちには長物は3本までというルールがありまして・・・。現状NSR、MWS、MIDWESTと三本あるのでどれかを退役させねばいかんのですが、まあ消去法でMIDWESTということになりました。なので中身は丸ごとDSGセッティングを移植する予定ですが、諸事情により先延ばしになってしまうので、とりあえずサバゲーで使える程度にいじりたいと思います。MIDWESTは移植が済み次第ガワだけか、最低限撃てる状態にするかどっちかでまた里親さんを募集する予定です。


・追記
まだTシャツのほう残ってます~。よろしくお願いします。
・ガンズ&コーヒー
・オークリー
・グロック  

Posted by TMS TAKESHI98 at 01:22Comments(0)BRO COMP 3G