2014年04月27日

実物 vortex sparc インプレ

vortex sparcの問題が一段落(マウントのみ発送)したのでやっとインプレする気に。

wktk


ご開帳~!

内容物は
・ドットサイト本体
・レンズカバー
・ローマウント(レイルからドット位置18mm)・ライザー(ロー+ライザー21mm ハイ+ライザー40mm)・今回付いてこなかった(怒)ハイマウント(37mm)
・2倍率マグニファイア
・CR2354×2
・取り付け用六角レンチ 2種類
・レンズふき
・説明書
となかなかに豪華(゚∀゚)

本体 下のレイルはついてないのであしからず。

右左前

うーん、かっこいい!レンズはモチロンルビーコート。
レプは持ってないんですが、写真見る限りスイッチ部分の刻印?の有る無しと、T1と同じくエレベーションヴィンテージノブの出っ張りが違う感じ?(´-`)?


コレがvortex製ドットサイトの特徴的なスイッチ部分で、電源マーク押しで点灯、長押し(3秒くらい?)で消灯。光量増減は↑↓ボタンで行い、ナイトビジョンモードで2段階、通常10段階の調整幅があります。

右がvortex 左が SD-30

結構青みが強いですが、まあコレくらいなら問題なし。ちなみに今日は結構日差しが強かったので両方とも最大光量です。( ・∀・)
エレベーションヴィンテージともに90MOAの調整範囲があり、十分ですね。ちなみにドットの大きさは2MOAです。

付属のマグニファイア。

付属のマグニファイアつけてみました。結果、視界狭すぎでアウトです。どうすんのコレ・・・(#ノ゚Д゚)ノ ・゚・┻┻゚・

とりあえずはやくマウント来ないかなー













  続きを読む

Posted by TMS TAKESHI98 at 20:37Comments(0)光学機器

2014年04月20日

XM-l U2 1mode P60互換モジュール インプレ

G36のフレーム塗装の乾燥時間の間にこんなものが届いたのでインプレ。

・見た目はモチロン違いませんね。ボルト数の書いてあるシールが無いですね・・・。


当方、フラッシュライトはウルトラファイアシリーズを愛用していまして、今のところ 501A 502B C309を所持しています。

・C309


これは尼で購入して、程よい大きさ、1インチマウントでの固定が可能、そして何より安価ながらかなりの高出力と至れり尽くせりです。

が、全く問題が無いとは言えず、リモートスイッチが国内ではかなり手に入りづらいことと、5モードの明るさ切り替えシステムです。
スイッチの問題はそこらへんに転がってたリモートスイッチを分解して専用のスイッチを自作したので解決したのですが、モードの問題はちょっと自分ではどうしようもありませんでした。
なぜなら、モード切替はテールスイッチを半押しで切りかえるのですが、もう一つ、早い間隔でスイッチを押しても切り替わってしますのです。
こいつはかなり使いづらい!手動ストロボが不可どころか敵の目の前でモードが切り替わってしまいます。LED部分を分解するのも面倒だし、自分で切り替わらないようにするのにも限界があります・・・。

なので、
SMO Cree XML U2 1300 Lumen 3V~18V 1-Mode LED Drop-in
を購入しました。

当方にあるフラッシュライトはバルブがP60互換なのでヘッドを外せばバルブ交換が容易で助かります。
で、今回購入したこのバルブはhighモードのみのバルブで、どんだけオンオフを連射してもモードが切り替わりません。非常によろしい^^

・使用するバッテリーはXTAR 18700mAh 電圧は実測4.14v


・カーテンまで約4.4m 左が付属XM-L U2 右が今回のXM-L U2


付属のバルブと比べると結構変わりますね・・・。使っていても判るくらいですが、まあ元々が高出力なのでコレくらいでも無問題かと。もし不満なら今ならXM-L2 U2という新型が出てますのでそっちがいいかもです。1ドルくらいしか金額が違わないので。(というかそっち買えばry)ちょっと割高ですがヤフオクにもあります。

・ちなみに掛かった日数


おそらく結構スムーズに来たんじゃないでしょうか。1ヶ月とか掛からなくてよかったです。また今回不良の可能性を考慮して3つ頼んだのですが、3つとも大丈夫でした。ただそこは中華、結構能力差があります。なので一番暗いのを予備に、残りを501Aと502Bに積みました。C309は普段使いも兼ねてるのでそのままです。普段使いにhighモードは明るすぎる・・・。



  

Posted by TMS TAKESHI98 at 15:09Comments(0)フラッシュライト

2014年04月14日

バレルテスト&G36改修計画

ガンジニアさんのほうで例の記録が取れたようです。

当初の方針から変更してホームページに結果をアップするみたいなので、色々参考にしたいですね~(結果自体はもういただいています。)

閑話休題。

現在G36 30mチャレンジ仕様の大改修工事中で、近々様子をアップしたいと思います。

光学機器のインプレはその後で・・・(ボルテックスの扱いがまだ・・・。いい加減にして欲しいです)

もともとこのG36は2006年ごろに中古で購入した、ほぼ初期ロットのものなんですが、まあ細かいとこがくたびれてきてしまって思い切ってレシーバーを交換することにしました。

で、ついでに

・プロウィンチャンバー導入
・新型Λ導入(ただしテスト結果からもしかしたら無しかも・・・?)
・各所剛性の見直し(RASの取り付け方法や次世代用アッパーレール導入など)
・塗装し直し
・メカボックス内部の見直しと、自作パーツの取り付けetc

などをしていきます!

  

2014年04月02日

vortex sparcの実物が・・・

はいどうもです。

今日はたいしたことじゃありませんが・・・


当方タイトルどおりvortex sparcの実物を購入したのですが・・・



マウントがありませぬ・・・

なのでレビューは後日です・・・。

  

Posted by TMS TAKESHI98 at 23:35Comments(0)光学機器