2014年07月16日

sparcⅡの新品 ヤフオクにて出品中

こんばんにちわ!


ヤフオクに
実物 VORTEX SPARC Ⅱ



リーパーズ ACCUSHOT 1-4X28

を出品しました!

リーパーズは完全にお下がりなんですけど、sparcⅡは新品です!一応検品しました!

今回はおまけ無しですけど、スパークは1円スタート、リーパーズも3000円からなんで、どうぞよろしくお願いします!!

  

Posted by TMS TAKESHI98 at 21:08Comments(0)

2014年07月13日

OTS-CQB1-6×24M インプレ

こんばんにちわ!

見ていらっしゃらないと思いますが、ヤフオクの件、無事落札していただいてありがとうございました!

スイッチ消えねえよ!といわれた時は正直あせりましたが、何事も無かったようで一安心( ´ ▽ ` )




閑話休題。

また散財しました。

次の獲物はコレ


某赤風呂スコープの入っていた箱っぽい箱と、謎ステッカー、それに購入したL.E.M.サプライさんのロゴ入りきんちゃく袋。

購入したのはコレ「OTS-CQB1-6×24M  コンバットスコープ」 約6諭吉で購入

OTSとは「Operation Training Service」の略で、公的機関向けに装備の開発や販売、訓練等を行っている会社のようです。
それにしてもホントフロンティアスコープっぽい作りの箱だなあ(´∀`)

中身

本体と、バトラーキャップ、説明書に保証書で、箱が緩衝材代わりになってました。

でん!マウントがついているのはご愛嬌。
スペックは、倍率:1 - 6 倍  対物レンズ:24mm 防水性:3m防水 ダットの照度調整:10段階(CR2032) 視界(at100m):37.8m-6.3m アイリリーフ:88~100mm 全長:275mm 重量:520g バトラーキャップつき(・∀・)!

ノブはキャップがついておりを外すことで調節できるようになってます。1クリック1/4MOA、総移動量は記載なし(汗 計測すると、1週約90クリックで5週半程度なので 実質120MoA程度となります コレほんとにここまで調節できるんですかね?メッチャ移動量多いです(゚Д゚;)

とりあえず並べてみた(・ω・)

長さはLEAPERS製 ACCUSHOT 1-4X28 30mm CQBズームスコープが実測250mmくらい、OTS-CQB1-6×24M が275mm。重さはリーパーズが485g、OTSが520gでちょっとOTSが大きめ。重さはともかく、長さが長いのはある理由がありまして・・・。実は1-6×24Mのプリントのある部分の後ろ(接眼レンズ側)に奥まって対物レンズがあり、 2.5cmほどフードがかぶさっているような状態です。(対物が膨らまないスコープだと普通?)

さてさて皆様気になる光学性能です。わかりやすいようにリーパーズと比べてみました。一応同条件で撮影してますが、撮り手がヘタクソ&古いコンデジのため参考までに・・・(;´∀`)

等倍
リーパーズ(ちょっと反射してます・・・)

OTS


4倍
リ(ry(ちょっとry)

OTS


OTS 6倍 ダット最高輝度



もうため息が出るほど綺麗ですねえOTSは・・・(*´ー`*)ーЭ
解像度がダンチです。リーパーズも価格なりには頑張ってると思いますが、やっぱりライト光機には勝てませんねえ。あとOTSはすんげえ視界が広いです。高価格帯のスコープにも全く引けをとりません (トリジコンのアキュポイントよりもいいらしいです。ホントかな?)
ダットは曇っている今日で丁度いいくらいなので、炎天下だと光量不足かもしれません。

パララックスフリーは実銃用らしく100mで設定らしいですが、問い合わせたところ等倍で10m、6倍で40mらしいです。が、実際はもっと近いですね。等倍なら5m以下、6倍で20m程度で目で確認できるほどの照準のずれはありませんでした。

低倍率のゆがみはやはりショートスコープの宿命らしくあります。ただ、狙点自体は狂っていないのでおkでしょう。

レティクルは画像だと非常に見づらいですが、横はミルドット、縦は少し特殊なもので、100m@6倍時にセンターとレティクルの太くなっている部分で170cm(人間の身長)にあわせてあるようです。間のドットはそれぞれ幅の広い順から85cm(200m時の170cm)、40cm(400m)・・・というふうになっています。これで人間の大きさから距離がわかるようになってます。ただ何100メートルという単位なのでエアガンではちょっと使いづらいです。使えないことも無いですが また、この縦のレティクルは5.56mmNATO弾の弾道にも対応しているみたいで、300mでゼロインした場合、100mはセンターから1つ上のドット、400mは1つ下のドット、600mではもう1つ下のドットに着弾するようです。コレもそのままでは当然エアガンにはつかえませんね

この価格帯としてはvortex viper ptsやブッシュネル AR-opticsあたりが競合相手だと思いますが、性能は覗いたことがわからないのでノーコメントです。
ただ両者と違い純日本製、保障10年等のアフターサービスや入手性を考えると自分はOSTを押します(*゚∀゚)=3ハァハァ

あ、重要なことを乗せ忘れてました。
このスコープはノブを持ち上げると空転するように出来ています。そのためゼロインした後好きな位置にノブを回し、その位置を覚えておくことで不意にノブが回転したり、元のゼロイン位置に戻したい時にワンタッチで元に戻すことが出来ます。

コレがしまってる状態

持ち上げると・・・

こうなってノブが空転します。後は好きな位置にあわせて戻すだけ。




  

Posted by TMS TAKESHI98 at 14:15Comments(0)光学機器

2014年07月06日

自作φノズル

こんばんにりわ!

そういえばφノズルの作り方乗せるの忘れてました( ´ ▽ ` )ノ

M4とかではパカ山さん謹製のノズルを使ってますが、G36用はなさそうなので自作しました。

特に高価なものは使ってません、ハンドリーマーとエキポシ接着剤(ここではJBウェルド)、1mm厚のアクリル板(他のもので代用可能)、三角やすりです(´∀`)

ノズルはSHS G36用、タペットはマルイ純正です ノズルはエアシール式がオススメ

まずはリーマーでギリギリまで内径を拡げます。でないとエライ初速が下がりますので・・・。

拡げました。次はアクリルをはめる溝を掘ります。三角やすりで角を使い、慎重に・・・。ここでずれるとアウトですので・・・。


掘れました♂お次はあらかじめ表面を荒くした1mm角のアクリル板(幅のみ2mm)を、JBウェルドを使って接着(ノズル内側にウェルドが入らないよう注意!)し、BB弾と接触する面が平面になるように微調整して硬化後やすりでノズル先端のRと面を合わせます。ついでにウェルドで回り止めもしておきました(・ω・)ノ


これでOK、この時点で約0.8mmほど飛びでてますので、あとは銃によってやすりで微調整して完成!結構脆そうですが、数千発撃ってトラブルゼロですのでまあOKかなと(´・∀・`)




~宣伝~
ヤフオクに「実物 VORTEX SPARC 」を出品しました。

状態はいいものだと思います!

「ミリブロ見た」と取引時に言っていただければ送料無料(沖縄、離島を除く)にしますので、よろしくお願いします(´∀`)

  

Posted by TMS TAKESHI98 at 22:08Comments(0)マルイ G36

2014年07月02日

ヤフオク 実物 VORTEX SPARC

ヤフオクに「実物 VORTEX SPARC 」を出品しました。

状態はいいものだと思います!

「ミリブロ見た」と取引時に言っていただければ送料無料(沖縄、離島を除く)にしますので、よろしくお願いします(´∀`)


  

Posted by TMS TAKESHI98 at 20:58Comments(0)

2014年07月01日

チャンバー虫ゴム選定

こんばんにちは!

理科実験器具屋さんからこんなものを取り寄せました( ´ ▽ ` )ノ



シリコンチューブですね。あとフッ素チューブ。全てチャンバーの虫ゴムに使うために外径は3mmおよび3.5mm、内径を数種類用意しました。

シリコンチューブは硬度50~60°、フッ素チューブは70°です。触った感じ、フッ素チューブはちょっと硬すぎますね・・・。まあわかってたことのなのでよし。

あとは日を見て、射程距離、精度などのデータ取りをしてupしたいと思います(´∀`)