2015年03月24日

プロウィン製M4用チャンバーとMS製 5KUアルミチャンバー用HOPレバーの互換性

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ


今日は小ネタ。

MS製5KUアルミチャンバー用HOP強化レバーです。スリックパキッンも一緒に。

今までのプロウィンチャンバーのレバーは、長掛け用に押しゴムの部分を短くしてしまったので、通常用やスリックパッキン用にのホップレバーを購入しました。ただし5KU用なので互換性があるか心配でした(なのに2つ買ってます。使えなかったらどうする気だったんでしょうね(他人事

結論から言うと使えます。ただしちょっと加工が必要。

レバーの押さえと支点になる棒状のパーツです。外形2.04mm

対してレバーの、棒が通る穴の径は1.89mm

なのでドリルで2mmの穴を開けた後、棒やすりでシコシコします。

他の部分は元のレバーと同じ(というか5KU製はプロウィンのパ○リ)なので普通に使えます。

で、ついでにチャンバーもMS製スリックパッキン(シリコンノーマル)にします。押さえゴムは3mm×1.5mm+GAW製の面押しプランジャー。

飛びはわかりませんが、再調整の甲斐もあって
NSRの初速
0.2gノンホップ 91m/s 最高初速ホップ 92m/s 
0.25  〃    84m/s   〃        85m/s
0.28g 〃     80m/s   〃        81.5m/s
0.32g 〃    76m/s   〃        77m/s
となりました。少々重量弾の初速が高めではありますがとりあえずコレでいこうかと思います。
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 21:07Comments(0)内部パーツ

2015年03月22日

March-fスコープ インプレ

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

やっとインプレできました!

とりあえず詳細スペック

(ディオン光学技研様HPより)

とりあえず等倍


えー、微妙にサイドフォーカスがあってません(汗 しかも上から覗いてる感じなので背景と像がずれてます。しかしちゃんと覗くと、背景との差がなくほとんどドットサイトみたいです!
画像を変更しました。右の屋根を見てもらえるとわかりますが、ほぼ背景といっしょです。エレベーションをいじるとずれてしまいますが、まあそこは物理的にしょうがないかと。
また、大きい画像を用意しました。クリックしてもらえると大きい画像が出ます。レティクルがうまく取れなかったので
狙点がずれてますがご容赦。
比較用OTSショート。

結構すごいな・・・。

6倍

FFPなのでレティクルが大きくなります。
フォーカスのずれが顕著ですね・・・。こりゃあとで撮り直しだな・・・。
画像を変更しました。
比較用OTS


8倍


画像を追加しました。
イルミ最大輝度

画像を変更しました。
凄まじい景色ですアワワワ(((;°Д°)))


えー、このスコープ、アイリリーフは約10cmくらいとあまり長くありませんが、短くもありません。リューポルド mark8やVortex Razor HD Gen II 1-6x24、Trijicon vcog 等の最新ショートスコープもほぼ同じくらいです。
ちなみに、いわゆるロングアイリリーフといわれるスコープであるリューポルド VX-R 1.25-4x20 Patrolは60mm-140mmです(((( ;゚д゚)))アワワワ
しかし「アイボックス」は比較的狭いです。

ちょっと雑学。

絵心0ですがご容赦。
スコープを覗いたり買ったりした人ならば、アイリリーフはご存知かと思います。要はスコープと目の距離がどれくらいでピントが合うかということですね。目に対してスコープが近くても遠くても視界が狭まりまともに見えません。
で、アイボックスとは何かというと、ピントの合う空間ですね。このスコープで言うと、スコープからの距離が1倍時86-98mmの範囲、それとスコープを覗いたときに像がケラレない範囲をあわせた円柱状の範囲ですね。画像で言うと長方形の部分。

で、このスコープの欠点としてアイボックスがかなり狭いんですね。真・赤風呂スコープと比べると特に円柱で言う円の部分、つまりケラレない範囲が結構狭いです。本当はOTSショートと比べるのがいいんですが手放してしまったので・・・。ただおそらくOTSよりも狭いと思います。

それとイルミ。これはあまりよくありません。

4段階調節が利きますが、最大輝度でも晴天ではほぼ見えません。曇天でもどうか・・・。かといって最低輝度でもローライトだと(程度か低いとはいえ)筒内反射します。また、イルミを点灯させると発光してるのがわかってしまいます。出来れば筒内反射しないレベルで2段階+現状の4段階+炎天下でも見えるレベルで2段階くらいほしいいですね。

ここら辺が、海外のレビューやフォーラムであまりmarchのショートスコープの評判が良くない理由ですね。特にスピードシューティング系での評価が良くありません。光学性能は抜群なのに痒いところにちょっと手が届かない感じ。

・・・。
最後は結構ひどく書きましたが、総評としては24万円の価値はあると思います。特に光学性能は圧倒的ですね。伊達にベンチレストスコープ最高峰ディオン光技のスコープではありません。また、欠点をいくつか書きましたが、Marchスコープのいいところは改良があった場合工賃さえ支払えば対応できる可能性が高いことですね。そしてアフターの安心さ。日本の企業が日本で製作しているので電話、メール一本で対応していただけるのは大変ありがたいです。

そして思ったのがOTSショートのコスパの良さ。正直あの性能ならばブランドのあるメーカーなら10万程度の値が付いてもおかしくないですね。

画像はそのうち撮り直します・・・(´Д`)取り直しました!
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 19:36Comments(4)光学機器

2015年03月16日

Vortex Strikefire2 インプレ2?

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

Vortex Strikefire2でちょっと気が付いたことがあったので報告をば。


実は2になってから?vortexのドットサイト(sparc2含)には、レンズの前にポリカ板があります。

画像だと全くわかりませんね・・・。どういう用途かわかりませんが、エアソフトとしては好都合です。
周りをバーナーであぶりネジロックを緩ませた後、かに目ネジを回すと取れます(ちなみに画像のネジが傷だらけなのはあぶるのをサボったせい。あぶったら簡単に取れました)

カニ目の下にはOリングが仕込んでありました。線径1.5mm、内径30mmくらいで、コレも代用が利きそうです。

入っていたポリカ板は外形約32mm厚み2mmのものが入ってました。もし傷が付いてもアクリル板等なら安く交換できそうです。
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 19:13Comments(0)光学機器

2015年03月15日

M4 NSR15in 再調整

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

今日は一日こいつの調整に手間取った上再々調整決定DEATH。
そんな顛末をば・・・。

こっちでは初お目見えでしょうか、NSRの15インチです。イケメン(*´∀`*)
早速ばらします。

で、まずはピストンヘッドとシリンダーに例の潤滑剤を・・・。これでもうばれちゃったかな?

ギアやメカボも一度洗浄後に再度グリスアップ。今回はチェーンガード+フッ素オイルで行きました。結構静かになった気がします。というかほとんどギアの音しません(・∀・)イイ!

初速はノンHOP0.25gでコレくらい。コレは良いんですが、

HOPを掛けるとありえないくらい初速が落ちます。45m~50mくらいにあわせると10↑m/s以上落ちます。機密漏れかと思いましたが、ピストン打撃音がメッチャ変わってます。どうも内圧に対してSPレートが低すぎるようでセルフエアブレーキみたいになってます。やはりフルサイズシリンダーはやりすぎか・・・。まあでもいいデータが取れました、頭でわかっていても体感したのとしないのでは雲泥の差だしね←負け惜しみ

地味にセレクターをRETRO ARMS製にして今日は終わり。

今週の連休中にはインプレしたい・・・。
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 23:17Comments(0)マッチライフル 24”

2015年03月12日

またチマチマと・・・。

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

マーチのインプレですが、今度の日曜も天気が悪そうで、お外で画像が取れそうにありませぬ・・・。
OTSとの映像比較がしたいので晴れてくれないとなー・・・。


そんなわけでぼちぼちまた実験をしていきたいと思います。

右が新しく手に入れたZC LEOPARD製 アルミ強化ピストン フルスチールラック。左がWII techハイスピードピストン+マルイ錘 

前回仕上げたM4 URX4 13in(実はNSR 15inになってたり) ですが、0.2gでは強ホップ適正ホップノンホップで初速がほぼ変わりませんが、0.25gから初速差が出始めてしまいます。おそらくピストン重量の問題なので少し重めのアルミピストンを入れてみます。ガチの流速にする気はない(そもそも流速自体好きでない)ので0.25gで初速差が出ないくらいを目指します(´ー`)

何はさておきラックとピストンの接着が先ですのでこなしていきます。

現状エポキシ接着剤の中では最高クラスとの呼び声高い「ブレニー技研GM8300」です。この接着剤のテストも兼ねてます。

電子天秤でコンマ2桁まで正確に測って混ぜ混ぜします。

灰色っぽいのが主剤で、これだけだとかなり硬いです。下手なへらを使うと折れそうなくらい。黒いほうが硬化剤でこれはまさに佃煮海苔(´∀`)混ぜるといい感じにやわらかくなり塗布しやすくなります。

全部込みこみで約33g。マルイ純正で約24gなのでちょっと重すぎる気がしなくもないですが・・・(゚Д゚)

PDI120%+セクカ4枚+260mm6.04バレルでどうなるか・・・。

シリンダー潤滑もテストとして新しく手に入れたコレを使います。

まだいろいろと未知数なので公開できませんが、もし使用に耐えるようだったら面白い・・・かも?(;゚д゚)

  

Posted by TMS TAKESHI98 at 20:01Comments(0)内部パーツケミカル

2015年03月08日

isky depoにお邪魔してきました。

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

今日は友人が店長をしているisky depoさんに久々の再会をかねて行ってきました。


室内は米軍放出品、さまざまなパーツがごそっと山になったテーブル、その他アパレルやガスブロ電動ガン、消耗品が並んでます。

ちなみに今日は不要品の押し売りもしてきました(´▽’)アッハン

入口左手にはショーケースが。中身は良く見なかったのですがマグプルグリップやDVDがおいてありました。


一番奥にはレンジがあります。

スチールチャレンジが最高で3レーン同時に出来るらしいです!今日は店長ともう一人同級生(非ミリオタ)とプリンキングを30分位してきました。3人で俺の銃(M4 2丁 グロック2丁)を適当に撃ちながらだべってましたw

あ、そうそうレンジでは工具やマガジンウォーマーもあって非常に助かりました(・∀・)

また近いうちに遊びに行きたいと思います(´∀`)






  

Posted by TMS TAKESHI98 at 23:05Comments(0)

2015年03月06日

ワコーズ フッソオイル105

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

スコープインプレですが、ここのところいろんなことが立て込んでて(メタフレとかメタフレとかメタフレとか)まだ屋外で覗いたことすらありません(汗

ブログ放置もアレなので最近導入したオイルのインプレでも。

ワコーズ フッソオイル105です。

このオイルは「デュポン社製クライトックスGPL105」なる超すごいフッ素オイルをベースにスプレー化したもので、効果は

1.ほとんどの樹脂やゴムを侵さない。
2.高温高荷重など過酷な条件での潤滑性が格段に優れている。(車の室内条件をクリア)
3.耐熱性・耐酸化性に優れる(使用可能温度-40度〜+350度)
4.撥水性(水をはじく)のみならず、撥油性(油をはじく)も有している。汚れ防止に効果大。
5.電気をとおさない。漏電や迷走電流を抑制します。
6.耐薬品性に優れる。強酸・強アルカリ性にも侵されにくい。
7.不燃性である。火花や電気に対しての安全性が高い。
8.無色・無臭で人体への影響が少ない。
9.本革シートに塗っても殆どテカリを発生させない。(すべらない)
(ブリスジャパンカンパニー様ホームページより引用)

とかなりすごいことが判ります。特にプラゴムを侵さないのでガスブロの作動部に最適です。お値段は大体3700円前後と高いですが・・・。

とりあえずG17及びG26ADの作動部周りに塗布してみました。ああそうそうこれは事前によく脱脂洗浄しとかないとまずいみたいなので、よーくお掃除しときました(おかげでキムワイプが在庫切れに)

結果は・・・というか今回は何にもデータを取ってないので完全に体感になりますw

んでどうかというと、かなーりスライドの引きが軽くなりました。ブローバックも早くなった?ようながします。G17のほうはまだほとんど新品で、まだあたりが出てないのかマグをさしてスライドを引いて離すとほんの数ミリ最前進しなかったのが、このオイル塗布後最前進するようになったのでこれだけでも満足です!
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 20:51Comments(0)ケミカル