2015年06月28日

今日は「白猫は眠らない」でした。

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

今日はタイトルどおりです。「ASTREA」さんにて40m射撃イベント「白猫は眠らない」に参加してきました!



リザルト

68ポイントでおそらく同率で2位だったと思います。最終的には4位でしたorzNSRの「新型ホップ 固め」の性能チェックも兼ねてましたがまあ及第点かなと。ただ・・・。

一位は・・・。


ドノーマルの89式・・・。


むむむくやしい・・・。
初めからドロップ弾道にしておけば・・・。

しっかしさすが天下のマルイ89式、射手の方の腕もあってすばらしい成績でした。

一応、次に備えての精度向上改修案(妄想)があるのでそれのセッティング頑張らないと。


何はさておき「ASTREA」さんと参加者の皆さんありがとう&お疲れ様でした!


  

2015年06月25日

ヤフオク G36 ピストン交換

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

今回は、ヤフオクにて落札いただいたG36のピストンとグリップの交換です。

サクサク行きます。

グリップはもろもろ移植済み

メカボの中身は画像を撮るのを忘れてしまいました、申し訳ありません。特に異常は無かったです。

で、問題のピストンです。すごくわかりづらいですが、金属歯の後ろの樹脂歯が削れています。これはだいぶ前のセッティングでミスって付けてしまった傷で、この状態で数千発は撃っていますが問題ありませんでした。ただ、落札いただいた方からのご依頼と、問題を抱えたままお渡しするのも気がひけたので今回のピストン交換となりました。

今までのピストンで普通に撃てていたので、交換するピストンも変に全金属ピストン等ではなく同じものを使います。

セッテングはマルイヘッドにマルイ錘。ロックタイトでしっかり留めます。

完成!

ASCUも各モード確認済み、落札者様大変お待たせいたしました!
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 22:30Comments(0)マルイ G36

2015年06月22日

「白猫」用BB弾選択

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

前回の記事で、「白猫は眠らない」に参加表明したので、使う BB弾の選択を日曜日にしてました。

本当は30mルールでキチンとデータを取りたかったんですが、時間が無く非常に曖昧かつ主観的な記事になってしましいましたorz

まず使う銃は「NSR 15インチ」です。オプティクスは当然「march-f 1-8×24」

で、「march-f 1-8×24」ですが、レティクルの中心円が6milなので30mでは18cmになります。これを基準にしていろいろな重量弾を撃ってみました。

あ、ちなみに全くの無選別です。

G&G 0.28g バイオ

弾上がり◎ 精度× どうしても左右に反れる弾あり。中心円を外す弾多数。 

G&G 0.33g バイオ

弾上がり◎ 精度△ 中心円の外周ぎりぎり外、特に下方にばらつく傾向あり。ホップを強くすると余計に上下にばらつく

ギャロップ 0.3g バイオ

弾上がり○ 精度◎ ほとんど中心円を外さない。30mチャレンジルールならおそらく平均150mmは十分切れると思う。普通は弾詰まりは無いが、ごくたまに最終弾前3~5発くらい上がらなくなることあり。本番はこれの重量選別弾使用予定。

SKIRMISH 0.28g バイオ

弾上がり△ 精度◎ ほとんど中心円を外さない。一時期30mチャレンジでメイン弾張っていた実力は健在。ただしダブルカラムマガジンとの相性が悪く、2回トリガーを引いて1発発射という状況が多い。多弾やボルトとの相性は抜群だが、尼では入手できなくなってしまった ‎(´・ω・`)

valken 0.32g バイオ

弾上がり◎ 精度× 実は手に入れていた。表面処理が目に見えて甘く、精度が悪そうだったためインプレしてなかった。実際使っても精度は今回の重量弾の中で一番悪そうだった。特に左右に散る。それこそ的にした約20cm×30cmのダンボールを外すレベル。

というわけで、今回はギャロップの0.3gで行きたいと思います。さてどうなるかな~。

  

2015年06月16日

白猫は眠らない 6/28参戦&G36放出

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

突然ですが「第六回 白猫は眠らない」に参加します!遠いですが!

だいぶ久々の精密射撃競技なので、グダグダになる予感しかしませんが、きれいに爆死したいと思います!

・・・で


G36出します。埃かぶったまま放置もかわいそうなので。


・・・おもえば3年前に、部屋の隅に放置されてたこいつの分解からエアガン熱が再燃したんだなあ・・・。ノーマルのスケルトンストックは思い出として取っておきます。

一応画像や商品説明にも無いおまけ(という名の不用品押し付け)を予定してますんでよろしくお願いいたします!  

2015年06月14日

S&T URX いじくり編3(完)

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

S&T URXの続きその3です!

といっても、アウターのグラグラをどうにかしただけなんですが

アウターのがたつきは、要は内側のリングとアウターの間に隙間があるせいなのですが、うちの個体では増し締めでは解決しなかったので分解していきます。

分解の仕方はこちらの記事を参考にさせていただきました!ありがとうございます。

で、リングを外した後、バレル用のシム(URX4についてた)を0.8mm分ほど重ねて、鉄パイプレンチでガッツリ締めました。


・・・完成!(よーく見るとガスブロック付け忘れたorz)

銃そのものは必要十分に完成したので、あとは弟のセンスに任せますw



閑話休題。

現状埃かぶってしまっていること、置き場の確保、そして新しい家族(子猫)に掛かる費用捻出のためG36の放出を検討中です。まだ決心が付きませんが。
出すとしたらヤフオクですが、その前に引きとっても良いというかたがいらっしゃいましたらメッセくださいませ(価格等要相談)


(画像はMMSさんより)



  

Posted by TMS TAKESHI98 at 21:54Comments(0)色々電動ガン

2015年06月08日

S&T URX いじくり編2

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

S&T URXの続きその2です!

前回通電しないという話でしたが、いつの間にか直ってましたwww

なので初速計測したところ・・・60m/s?んー?こんな初速のセッティングのはずは・・・。と思いよーく見ると、

マガジン挿入前

チャンバーはメカボにきちんと寄ってます。

マガジン挿入。

わかりづらいですが、バレル側によってます。

比較するとこんな感じ。

なのでここから盛大にエア漏れしてるわけで・・・。え?じゃあ納品時の95m/sって・・・。

と、とにかく対策をしていきます。

まず、チャンバーを押すSPを付属のものから、たぶんモーターのSPっポイ物と交換です。これで圧を稼ぎます。

次にマガジンリップのチャンバーに押される部分の加工です。本来斜めの部分がチャンバーに押されることでBB弾が開放されるわけですが、チャンバーが後ろに下がって固定された分、斜めの部分を超えて平坦な部分にチャンバーが来てしまいます。なので、

チャンバーが入り込む部分とツライチにします。


これで、マガジンを挿入してもチャンバーは動きません。

最終的に 88m/s@0.2gになりました。ちょっと低いかもですが、お座敷(正確にはお庭)なので限界までチューンする必要も無いのでこれでおkです。不満が出てくればそのつど予算をもらっていじります。

ついでなのでマガジンの相性も確認してみました。
MAG製190連SPマグ→そもそも入らない マルイノーマル→挿入は出来るが、付属の多弾と給弾ルートの寸法が違っていて、チャンバーが前進しどうしてもエア漏れ起こす ベータプロジェクト 20連PMAG→挿入は出来るが、給弾ルートの寸法が違いすぎてどうしてもロックが掛からない。

で、結局使えるマガジンは付属の多弾か、EPMだけでした。

EPMは、給弾ルートの入り口が広く取られていて、チャンバー位置の多少の前後には対応できる設計になっています。これのおかげで、このめちゃくちゃな寸法でもきちんと給弾、エア漏れもありませんでした。さすが最新設計(*´∀`*)

ちなみに、上記すべてのマガジンはG&Pのロアーでは問題なく使えました。ちゃんちゃん。
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 22:58Comments(0)色々電動ガン

2015年06月02日

S&T URX いじくり編1

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

S&T URXの続きです!
バレル&チャンバー

バレルは熟成がだいぶ進んでましたが、洗浄&クエン酸溶液どぶ付けでだいぶマシなったので流用。チャンバー&パッキンは(ノ゜▽゜)ノ ⌒ポイ

チャンバーは紆余曲折を経てVFCのチャンバーに。プロウィンは若干干渉しますが、少し削ればいけそう?

チャンバーセッティングは今回新型を投入しました。基本はハンクさんの「L.D.F. - HOP」ですが、スピンシートをパッキンから切り出すのではなく、ゴム屋さんから仕入れたものを使用しています。(材質、厚み等はヒ☆ミ☆ツ)今回は0.2g前提なので「甘め」セッティング。(他にもうひとつ「固め」がありまして、これはNSRに搭載)
銃本体では試していませんが、NSRに仮搭載したときはなかなか良かったです(・∀・)イイ!!

次、メカボご開帳。

中身はエイリアングリスではない謎グリスが塗られてました。若干厚塗りではありますが塗布の仕方としては悪くないと思います。
シムはベベルだけ調整してありましたが、スパーセクターはガバガバでしたのでギアごと再セッティング。
でもってとにかくSPが短い。画像の長さで95m/s@0.2gで出るんだからそれなりに硬いです。なので給排気周りごと安定のマルイ製に。
軸受けは精度はアレですが中のグリスを飛ばして注しなおしたら結構良い感じだったので流用。
また、メカボックス内部まで塗装が入ってきてたんで、車用の塗装落としにて洗浄。

完成形

以下レシピ
・メカボ 付属品

・駆動系
ギア:ALL ZC LEOPARD 18:1
ギアグリス:SUPER LUBE ドライ・フィルム スプレー+超耐久チェーン用潤滑剤
軸受け:付属のボールベア
軸受け潤滑:PTFE配合オイル(多目的オイル 高粘度)
・給排気系
ピストン:マルイ純正
ピストンレール潤滑:ドライ・フィルム スプレー+SUPER LUBE 多目的グリース
ピストンヘッド:マルイ純正 2mm穴×4+マルイ純正おもり
ピストンヘッドOリング:FRUS-Oリング
シリンダー:マルイ純正
シリンダーヘッド:謎のアルミ製ヘッド+2mm厚のウレタンゴム製緩衝材追加
シリンダー潤滑:SUPER LUBE ドライ・フィルム スプレー+SUPER LUBE 多目的グリース
スプリング: マルイ純正かさ上げ3.6mm
スプリングガイド:謎のベアリングガイド
タペットプレート:マルイ純正  
ノズル:マルイ純正
ノズル潤滑:SUPER LUBE 多目的グリース

・電装系
モーター:EG1000+GAW製SBD
配線:付属品
スイッチ:付属品

ものがものなので余りもの&ド安定セッティング。ここまではなんてことはなかったんですが、

「動作確認・・・。あれ?うごかな・・・ヒューズは・・・OK。ん?モーターまで電気来てない・・・。」

ヽ(`Д´)ノ


いじくり編2につづく?

  

Posted by TMS TAKESHI98 at 20:55Comments(4)色々電動ガン