2016年05月30日

TROY アンビボルトリリース

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

今回はヤフオクでTROY アンビボルトリリースを手に入れたんで、前に手に入れていた tactical linkの同等品と比較してみたいと思います(´ー`)y-


troyは紙製の詳細なインストール説明書がついてます。

裏側にマイナスネジがあり、それで止めて表の芋ねじで固定する構造です。基本的な部分はTLと一緒ですね。

内容物は本体、六角と説明書だけなのでマイナスドライバーは別途必要です。


分解するとこんな感じ。

説明書にある通り裏側からねじ止めなので、テイクダウンするかアッパーを取り外さないといけないのはマイナス。また各種ネジにネジロックもついてないので出来れば別途用意する必要があります。

並べてみた。

TLは右手で押す部分がレシーバーにかなり寄っていたので、MWSだと少しレシーバーに触れてしまっていましたが、TROYは結構下なのでそこらへんは大丈夫そうです。レバー幅も広め。

で、一番の違いが重さ。

TROY


Tactical link

その差約3倍。TROYのボルトリリースでボルトストップ不調って聞いたことがないので、やっぱりこの重さが原因なんでしょうねぇ・・・。
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 21:52Comments(0)外装パーツ

2016年05月15日

LEUPOLD VX-6  インプレ2

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

えー本来今日はヴァルハラにお邪魔してる予定ですが、寝坊したので家にいます(*´ー`)b

なのでレティクルの撮影してました。相変わらずコンデジなので参考程度ですが・・・。

とりあえずいつもの方角をパシャッと。(クリックで大きい画像でます。)
・等倍

・4倍

・6倍

・6倍+イルミ全開

見てのとおりレティクル自体が小さいです。前にMrak4 HAMRを覗かせてもらった時に視界の広さに感動したのを覚えています。イルミも外で使えるレベルの輝度を確保しています。明るさもすさまじく普通に撮ると白飛びが出るレベルです。

でで、イルミなんですがVX-Rより進化してます。基本的には側面のスイッチで起動、長押しで消灯、タップで輝度変更なのは変わりませんが、VX-Rでは輝度の上下は一方通行だったのがVX-6では好きなポジションで消灯しない程度に長押しすることで輝度変化の方向を変更することが出来るようになりました。わかりやすく言うと、

VX-Rでは最低輝度→1→2→3…から最大輝度→10→9→8…でまた最低輝度…という風に一歩通行でしたので、例えば7ポジションから輝度が下がっていくルートだった場合、6ポジションにした後(1段階輝度を下げると)7ポジションに戻したいときに一度最低輝度に落としてからまた輝度を上げなくてはいけない手間がありました。しかしVX-6では6ポジションに下げた時、消灯しない程度に長押し(2秒ほど)すると輝度上げルートに戻ことが出来るため、すぐさま7ポジションに戻すことが出来ます。

お次はパララックスです。まずは15mの等倍から。



見づらいですがたぶんほとんど動いてません。

次に15m 4倍



2㎝程でしょうか。

15m 6倍



右方向に結構ずれてきます。

最後は20m 6倍



これも2㎝程ずれていますでしょうか。30mでもずれが出てますので近距離(実銃レベル)の精密射撃には向きませんね。まあ実銃用のショートなので仕方ない部分もありますが・・・。サバゲーではボルトに載せて少し飛び出た肘や頭を狙うみたいなスタイルじゃなければ使いやすいと思います。視界は広いし軽いしイルミは実用的だし。

  

Posted by TMS TAKESHI98 at 15:46Comments(2)光学機器

2016年05月14日

艦これ 2016春イベント ALL甲&掘り完遂

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

巷ではいろいろ言われている2016春イベント完遂いたしました。

まあちょっとグダグダが過ぎましたねえ…。


・・・明日はヴァルハラにお邪魔する予定ですのでもうお休みします( ´ー`)
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 23:11Comments(0)艦これ、ゲーム関係

2016年05月13日

LEUPOLD VX-6 1-6×24 C-MR2 インプレ1 

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

今回は前回と反対側の大陸からボーナスの化身がやってきました。


デデン!

LEUPOLD VX-6 1-6×24です!
内容物がVX-Rとずいぶん違いますね。スコープカバーにレンズカバー、さらにお店がおまけでレンズペンを入れてくれたみたいです。感謝!

とりあえず左からぱしゃり。

MULTIGUNのプリントが入ってます。これはC-MR2のみのプリントでほかのバリエーションには入っていません。猟銃からシューティングまでなんでも使えるよ!っていう意味でしょうか( ´ω`)



右側

いたってシンプルです。

上から

前のVX-Rのフォントはかっこよかったんですが、このフォントはフツーですヽ( ;´Д`)ノ え?妙な三脚が写ってる?気のせいです。

24金のプリント!

本来このリングがあるのは狩猟用スコープでしたが、このスコープはMULTIGUNの通り色んなシチュエーションで使われてるようです。

レンズコーティングは青系と緑系っぽいですね。


部屋の中で覗いただけですが、すごく明るいです。ここら辺はリューポのお家芸ですね。

レティクルはC-MR2

実はこの形のレティクルがずっと欲しかったんですよ!そもそも今回VX-Rを更新するにあたり、
・CMR系のレティクルを搭載
・重量450g以下
・等倍がある
・平均以上の品質
・30mmチューブ
という条件があったんですが、この条件全部クリアしちゃったんですよねえ。そりゃもうポチるしかないと。
レンジングは記載を見つけられなかったんですがおそらく6倍だと思います(SFPなのでレンジングは特定倍率で機能します)

重量は実測で420gでした。

カタログでは14.6oz=約413gだったのでおそらく電池分で切り上げになったのかなと思います。

次回は覗いたインプレを書きますぞヽ(´ー`)ノ
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 22:00Comments(0)光学機器

2016年05月04日

SOLAR FORCE XP-L V6 1mode

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

大陸のほうから輸入第1便が届いたのでインプレを・・・。

SOLAR FORCE XP-L V6 1mode×3つ!


まだ国内では流通していないので(2016 5/4)おそらくドロップインモジュールでは最初のインプレになるのかなと思います。

とりあえず見ため。

まあ何の変哲もないP60互換ですな。でもこの画像でピンと来た方は相当なP60マニアかも。

リフレクターはOP。深さも浅めなので比較的散光設計?


照らしてみた。

綺麗な円です。色温度は比較的低めな感じですごく明るいです。

比較用のV5。SMOリフレクターなのにV6のほうが明るいです。肉眼で見るともっと差が出ます。


SMOリフレクターverV6

すんばらしいルーメン・・・。しかしここに罠が・・・。

SMOリフレクターにするとヘッドが締まり切りません。

右から、Solar XP-G R5、ノーブランドV5、ウルトラ XM-L U2 Solar v6
こうやってくらべて見るとよくわかるんですが、土台の部分の厚さが全然違うのです・・・。同社のXP-Gすら取り付け不可です。(ちなみに現状V6含めて単純に一番明るいのはスポット照射型のXP-Gだったり・・・。ただしスポットはすごく小さいですが)

こんな風に締まり切りません。

この状態でも点きますけど・・・ねえ?

LED移植する?

  

Posted by TMS TAKESHI98 at 21:42Comments(0)フラッシュライト

2016年05月03日

艦これ 2016冬イベント

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

今回もいつも通り甲勲章と掘りコンプ目指して頑張ります。


それと並行して

こいつその他もろもろのインプレも書きたいと思います。届いたら・・・。
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 13:08Comments(0)艦これ、ゲーム関係