スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2017年08月23日

バイポッド比較(炭素2脚vsアトラス)

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

レトロの記事の前に、個人的にすごくほしかったものがやってきたのでちょっと比較記事を書いてみます。

左:RUGGED RIDGE OUTDOOR GEAR Extreme Pod(以下炭素2脚) 右:Accu-Shot BT10 V8 Atlas Bipod(以下アトラス)

アトラスは今年の4月?のVショーにてミルフリークスさんから購入。QDタイプでは無かったのでUTGのマウントでQD化してます。

で、今回本命は炭素二脚です!炭素!炭素!
マウントはデフォルトで手回し式のピカティニー用QDマウントがついて来ました。

裏?側

アトラス、炭素ともにマウントのロック機構が備わってます。炭素はハリスのポッドロックと同じく締め込んだ時のロッドの位置の微調整ができます。

展開

アトラスは横方向、炭素は縦方向にある銀色のロックパーツをプッシュすることで展開します。しかし、アトラスは一般的なバイポッドと同じく展開=使用可能になりますが、炭素のほうはハの字に開くだけです。

伸長

アトラスは4.75-9インチ、炭素は7-10インチです。自分が使用するときはショートマガジンなので最短でも問題ないです。ちなみに、アトラスは最大まで伸ばすと結構脚がプラプラします。自分の個体だけなのかと思いきやほかに実物を持ってる人に確認したり紹介動画を見るとどうもこれでデフォっぽいです。これで大丈夫だから人気なのでしょうが個人的には気になります…。炭素はねじ込みなのでがっちりです。

実際に立ててみる。

画像には撮ってませんが、アトラスは±30度のパンチルト機能を持っています。なのでベルサみたいに据え付けた状態からでも射撃方向の変更ができます。ただし一番緩めでもかなり固いのでこの機能を使って水平を出そうとすると結構苦労します。そのかわりエアガンくらいでは一番緩くてもひっくり返りません。なので自分が使ってた時はいつも緩めっぱなしでした。

アトラスのもう一つの特徴。45度傾斜状態。

これの何がいいってハリスとかよりさらに低く据え付けることが出来ます。なので腰がツライ人間には大助かりです。

続いて炭素

こっちも画像に撮っていませんが、パンチルト機能があります。その角度なんとパン方向360度、チルト方向90度!なので、

こんなことしたり


こんなことが出来ます。


当然前にも向けます

まあこれに関してはアトラスも足の方向を変えられるので同じことが出来るのですが、炭素のほうは何とこれが無段階調節できます。というか、脚の構造がカメラ用自由雲台にそっくりなのです。なのでハンドガード等と干渉しない限りかなりフレキシブルに動かせます。ロックもかなり緩くなるので水平も出しやすいです。ひとことで言うとロック機構の付いたベルサと言えます。

ただし問題がないわけではなく、自由度が高すぎるゆえに操作をミスると銃がひっくり返ります。ここら辺もベルサと同じですね。あと脚先はゴムではなくアルミです。ここら辺は好みもあるでしょうが、個人的にはゴムが良かったなあ(´・ω・`) 

あと、前述のとおり脚のロックは開閉にかかわるだけなので脚の収納には、脚折り畳み→雲台ロック解除→2脚本体折り畳み→雲台ロックという手順を踏みます。これはハリスなら戻すだけ、アトラスでもロック解除→折り畳みという手順から考えると結構手間に感じます。しかしやっぱ高さを無段階調節できるのはでかい・・・。



…まあいろいろあるけど一言。「炭素はいいぞ」


しかしハリス、アトラス、炭素ときてどれもそれぞれ一長一短で面白いです。




  

2017年08月10日

エンネス 試供品BB弾 0.25gレビュー




皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

今回、サバ天にて配布されていた試供品のBB弾を知り合いに譲ってもらったのでちょっと書いてみたいと思います。

…ワタクシはいけませんでしたよサバ天。コレ↓とか買っちゃったし。これも近いうちレビュー書きます。かなり難産だったので長めになるかも。




閑話休題

まずは目視選別ですが…


なんだろう。パーティングラインが結構目立ちます。ワックスの下なので凸凹は無いですが…。

傷弾陥没弾ゴミ交じり弾もありました。


割合傷弾より陥没弾が多そうな印象。

気泡は、


10発では確認できず。気泡の有無を説明文に書くくらいですからそこは自信があるのかと。

い つ も の


0.2517
  16
  23
   492
  20
   04
  27
  22
  11
  00
最大0.2527g最小0.2492高低差0.0035
重量差は比較的優秀ですね。

気が向いたので外径も。

HKの時は一部だけでしたが今回は400g全部測りました。

外径頒布
5.96mm以上 1発(0.25g)
.96以下.95以上 319発(約79g)
.95以下.94以上 1252発(約313g)
.94以下.93以上 35発(約8.7g)

5.96mm以下~5.94mm以上が約98%という結果に。なるほど外径は素晴らしいですね。HKが約83%だったので一目瞭然かと。

とりあえず計測結果はこんな感じですね。あとはラインがどうにかなってくれれば素晴らしいBB弾になりそうな予感。スペックは優秀ですし。
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 17:30Comments(0)BB弾インプレ その他