2015年05月08日

ホワイトベース定例会 5/4 & エアダンパー等雑記

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

今回(5/4)はエアダンパーピストンとDSGのテストもかねてホワイトベース定例会行ってきました!(デジカメ忘れにより画像なしorz)

直前になってフォロワーさんと合流が決定し、2人で一日遊んできましたが、DSG&NSR15インチともに快調に動作してました。
NSR15インチに搭載したエアダンパーですが、なかなか良かったです。特に消音材を交換したサイレンサーと相性が良く、ボフボフといい音がします。あくまで振動軽減による耐久性と精度の向上が主目的でしたが、消音という意味でも良い結果でよかったです。改良チャンバーも飛び、精度ともに及第点でした。

で、ちょっと時系列が前になりますが、エアダンパーを組む際今まで使っていたワコーズのチェーンガードが切れてしまったので、ケミカル類を新調しました。

「SUPER LUBE」シリーズです。左から「ドライ・フィルム スプレー」「多目的グリース」「PTFE配合オイル(多目的オイル 高粘度)」「超耐久チェーン用潤滑剤」

ドライ~は乾燥潤滑剤で、このままでもガスブロのスライドの潤滑に使える(通常のグリスやオイルよりも低抵抗)他、各種オイルの下地にも使えます。
多目的~はシリコングリスの代替品で、今回は給排気周りの潤滑に使用しました。
PTFE配合オイル~はさらさらしたオイルで、駆動部分に後述の方法で塗布しました。
超耐久~はその名の通りすさまじい定着力でくっつくのでギア類の潤滑に適してます。これも後述の方法で塗布しました。

今回はこのケミカル類を、給排気部分はドライ+多目的、ギア類はドライ+PTFE+超耐久の組み合わせで行きました。
ギア類の塗布方法は公式ホームぺージにて「トリプルコンボ」といわれる方法で、自転車のチェーン潤滑において耐久性と低摩擦性の両立が可能らしいです。

とりあえずグリス類をきれいにした後、ドライを吹いておきます。

10分ほど乾燥時間をおきます。

んでもってPTFE、超耐久の順に筆で丁寧に塗布します。

これでケミカル類はOK

で、ピストンのかさ上げと重量調節用に良いものはないかと探していたところ、

Wheels Manufacturingチェーンリングスペーサー なるものを見つけました。どのような用途で使うか分かりませんが、内径10mm外径16mmとピストン内部に使うには最適のパーツだったので購入しました。

重量は約0.23g厚みは1.2mm

で、今回ピストン重量は32gにセットしました。
いきなりエアダンパーに金属歯ピストンを使うのは怖いんで、余っていた適当なピストンに錘をつけて32gにし仮組みと試射を行い、問題ないことを確認しその後金属歯で再セッティング。ダンパーの長さは最初は有効長6.5mmでしたが、最終的にはシムを噛ませて7mm(ノーマルシリンダーヘッドの場合の限界)にしました。

調整後

0.2g  ノンホップ91m/s 最高初速ホップ94m/s
0.25g ノンホップ84m/s 最高初速ホップ85m/s
0.28g ノンホップ80m/s 最高初速ホップ82m/s
基本的には0.28g用に調整。ちなみに最高初速ホップ≠適正ホップなので、0.2gでは鬼ホップ、0.25だとほぼ適正、0.28gだとホップ圧不足で、適正にすると79m/sくらいになります。
 







同じカテゴリー(マッチライフル 24”)の記事画像
RETRO ARMS CNC Receiver AR15 - A
GATE Titan組み込み
Knight's Armament rail mount anti cant device
AR15 NSR 15インチ 改修③ レシピ
AR15 NSR 15インチ 改修②
AR15 NSR 15インチ 改修①
同じカテゴリー(マッチライフル 24”)の記事
 RETRO ARMS CNC Receiver AR15 - A (2017-09-03 22:50)
 GATE Titan組み込み (2017-01-13 22:39)
 Knight's Armament rail mount anti cant device (2016-08-21 23:34)
 AR15 NSR 15インチ 改修③ レシピ (2015-11-11 18:55)
 AR15 NSR 15インチ 改修② (2015-10-13 00:32)
 AR15 NSR 15インチ 改修① (2015-09-23 23:34)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。