2016年05月15日

LEUPOLD VX-6  インプレ2

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

えー本来今日はヴァルハラにお邪魔してる予定ですが、寝坊したので家にいます(*´ー`)b

なのでレティクルの撮影してました。相変わらずコンデジなので参考程度ですが・・・。

とりあえずいつもの方角をパシャッと。(クリックで大きい画像でます。)
・等倍

・4倍

・6倍

・6倍+イルミ全開

見てのとおりレティクル自体が小さいです。前にMrak4 HAMRを覗かせてもらった時に視界の広さに感動したのを覚えています。イルミも外で使えるレベルの輝度を確保しています。明るさもすさまじく普通に撮ると白飛びが出るレベルです。

でで、イルミなんですがVX-Rより進化してます。基本的には側面のスイッチで起動、長押しで消灯、タップで輝度変更なのは変わりませんが、VX-Rでは輝度の上下は一方通行だったのがVX-6では好きなポジションで消灯しない程度に長押しすることで輝度変化の方向を変更することが出来るようになりました。わかりやすく言うと、

VX-Rでは最低輝度→1→2→3…から最大輝度→10→9→8…でまた最低輝度…という風に一歩通行でしたので、例えば7ポジションから輝度が下がっていくルートだった場合、6ポジションにした後(1段階輝度を下げると)7ポジションに戻したいときに一度最低輝度に落としてからまた輝度を上げなくてはいけない手間がありました。しかしVX-6では6ポジションに下げた時、消灯しない程度に長押し(2秒ほど)すると輝度上げルートに戻ことが出来るため、すぐさま7ポジションに戻すことが出来ます。

お次はパララックスです。まずは15mの等倍から。



見づらいですがたぶんほとんど動いてません。

次に15m 4倍



2㎝程でしょうか。

15m 6倍



右方向に結構ずれてきます。

最後は20m 6倍



これも2㎝程ずれていますでしょうか。30mでもずれが出てますので近距離(実銃レベル)の精密射撃には向きませんね。まあ実銃用のショートなので仕方ない部分もありますが・・・。サバゲーではボルトに載せて少し飛び出た肘や頭を狙うみたいなスタイルじゃなければ使いやすいと思います。視界は広いし軽いしイルミは実用的だし。






同じカテゴリー(光学機器)の記事画像
サイトロンジャパン×ライラクス RS1-4×24mm SOL インプレ
ディオン光学 March 3-24×52 インプレ2
ディオン光学 March 3-24×52 インプレ
スコープのちょっとした話
LEUPOLD VX-6 1-6×24 C-MR2 インプレ1 
新スコープ購入&VX・R処分
同じカテゴリー(光学機器)の記事
 サイトロンジャパン×ライラクス RS1-4×24mm SOL インプレ (2017-05-14 23:10)
 ディオン光学 March 3-24×52 インプレ2 (2017-04-10 22:37)
 ディオン光学 March 3-24×52 インプレ (2017-03-29 22:01)
 スコープのちょっとした話 (2017-02-26 22:44)
 LEUPOLD VX-6 1-6×24 C-MR2 インプレ1  (2016-05-13 22:00)
 新スコープ購入&VX・R処分 (2016-04-24 16:31)

この記事へのコメント
お〜〜〜〜〜〜!

良い須子〜プデスね!

ほっすい〜〜でっす!

大切に!
Posted by コ〜タロ〜 at 2016年05月15日 16:30
良いスコープです!

マーチとは設計思想が違う感じがまた面白いですね。

大切にします!
Posted by TMS TAKESHI98TMS TAKESHI98 at 2016年05月15日 17:38
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。