2017年06月15日

Vortex optics Flare Illuminated Bubble Level インプレ

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

今日はまた変なものを手に入れたのでインプレしたいと思います( ゚Д゚)

Vortex optics Flare Illuminated Bubble Levelです!

これ本当は買う予定にはなく、US Opticsの水平器を買う予定だったんですが問い合わせしたところ絶版になってるらしく手に入らないっつーことだったのでそれの代わりにこれを買いました(`・ω・´)

まずは外観を…。

水平器なんですが、今までにないような見た目をしています。横に出っ張るタイプですが折り畳み機構は無いです。その代わりかなりでっぱりが抑えられてます。ピカティニーの端から両方とも2cmといったところです。

ちなみに、見た目では左向きにしかつけられないように見えますが、取り付けは左右どちらでも可能です。
右向きにつけたい場合は

このように仕切り板を外し(ロックはかかってますが素手で取れます)

手前に刺してひっくり返すと(ひっくり返す前の画像あればよかったですね…。)

このとおり右向きに。

なんでこんな仕切り板があるかというと、

この水平器、LEDが仕込んであって暗闇で良く光ります。なのでこの仕切り板が無いと光が相手側から見えちゃうんですね。あと、サバゲで使うときにには防弾板代わりにもなりそう(゚ω゚)

これがLEDのスイッチ。

三段階に調整が可能で、オートシャットダウン機能もあるようです。ノブを回すとバッテリースペースが出ます。バッテリーはLR621 という見慣れない規格なのでアマゾンにて購入しました(テスト用が1つ付いて来ます)

載せてみる。

このように視認性は抜群です。覗きながらでも十分確認できます(`・ω・´)

薄さはこんな感じ

一番高いところでピカティニーてっぺんから6mm弱といったところでしょうか。


…。

これでMarchのセッティングが一通り完了ですっ。

いやあ長かった…。

あ、ちなみにネジは中国製としか思えない非常に粗悪な物でした( ˘•ω•˘ ) なのでこの写真撮影してる時も限界まで占めてません、怖いもん…。

なので日本製に買い替えを推奨です。長さは12.7mm(1/2インチ)、ねじの規格はおそらくNo5かNo6かと思います(ネジを発注したので確認後訂正します)ちなみにレンチは付属しません。このねじ自体はT15のトルクスなのでレンチかドライバーを用意する必要があります。

まさかこんなところに罠があるとは思わなかったよママン…(ノД`)・゚・。





同じカテゴリー(30mチャレンジ及び精密射撃関連)の記事画像
バイポッド比較(炭素2脚vsアトラス)
MMSさん「スナイパーゲーム」参加&艦これ 2015秋イベント ALL甲作戦完了
次に備えて
今日は「白猫は眠らない」でした。
「白猫」用BB弾選択
白猫は眠らない 6/28参戦&G36放出
同じカテゴリー(30mチャレンジ及び精密射撃関連)の記事
 バイポッド比較(炭素2脚vsアトラス) (2017-08-23 23:08)
 MMSさん「スナイパーゲーム」参加&艦これ 2015秋イベント ALL甲作戦完了 (2015-11-27 22:07)
 次に備えて (2015-07-01 16:43)
 今日は「白猫は眠らない」でした。 (2015-06-28 21:31)
 「白猫」用BB弾選択 (2015-06-22 20:43)
 白猫は眠らない 6/28参戦&G36放出 (2015-06-16 20:50)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。