2017年09月03日

RETRO ARMS CNC Receiver AR15 - A

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

やるやると言っていたレトロのレシーバーです。
画像多めです( ˘•ω•˘ )

RETRO ARMS CNC Receiver AR15 - A

レトロらしいA7075、いわゆる超々ジュラルミン削り出しの贅沢レシーバーです!ただしベースの関係か初めてのレシーバーだからかちょこちょこ?な部分があるので書いていきます。

まず外観

アッパーロワーともに刻印は一切ないです。ここら辺は賛否あるでしょうが好きな刻印を後から入れられるという意味ではいいと思います。個人的には後でレトロの刻印を入れる予定(*'ω'*)

ただしダミーピンの類も一切ありません。

なのでマッドブルでもやったようにプラモデル用のミサイルハッチリベットでダミーピンを再現しました。あとでアンチローテーションリンクを入れるので見えなくなっちゃいますが!

アッパー(ピントずれとる)

ピントずれで見えないですがうっすらとツールマークが残ってます。二つの穴は後付けケースディフレクター取付用のネジ穴です。ダストカバーは無し。ちなみに実銃でもケースディフレクターやダストカバーのないARアッパーはあるのでこのままでも別におかしくありません(その場合穴が埋めたほうがいいでしょうが…)

そういえばディフレクターは今までのようなツヤありアルマイトでしたがレシーバーは艶消しと半艶の間くらいの色になってました。正直買うまでは刻印と一緒にアルマイト剥がして塗装、という風に考えてましたがかなりアルマイトの色が好みなので迷い中…。

ピッチはトイ(ミリ)なので実系ハンドガードにはピッチを変える必要があります。

こういう時にダイスがあると便利ですね。

A7075バレルとの夢の共演

マッドブル規格のバレルなんですが若干アッパー側の穴が広かったのでフィラ―テープでセンター出し。うーん長い…。

で、このアッパーはダミーボルトのポン付けは出来ません( ˘•ω•˘ )本家ではダストカバーをつけていません(というか本家は”固定式”チャーハンです)

ただし全く無理というわけではなく、加工すれば行けるレベルです。まずダミーボルトを引くパーツの先をギリギリまでカットします。ここら辺はアッパーと合わせながら慎重に加工してください(`・ω・´)

続いてダミーボルト(VFC製)

こちらはまず本来補助スプリングが掛かる部分を全部カットし、次に先端の部分でアッパーと干渉する部分をカットします。基本的に干渉部分を削っていけば問題なく付くはずです。

これでチャーハン、ダミーボルト周りはおk

続いてロワー。

グリップはPTSのEPGを流用しますがそのままだと見た目が悪いです;つД`)

だからカット

こんなものは現状合わせです。

お次はセレクター…

ここは正直設計ミスかこの個体の切削ミスかわかりませんが問題があります。それはセレクターの土台の部分がレシーバーの内側に潜り込んでしまってることです。電動ガンARのセレクターを積んだことがある方はわかると思いますが、この土台がレシーバーの下にあるというということはセレクターを取り付けてもがっちがっちに固定されてしまうのです( ˘•ω•˘ ) 自社製のセレクターが取り付けられないのはちょっと…。

ここの微調整は結構苦労しました…。セレクターの高さを上げ過ぎると土台とセレクターが連動しなくなってしまうので…。

結局0.2mmのシムをカットして突っ込んだところ何とか使えるようになりました。ここは次ロットで要改善ですね_(:3 」∠)_

続いてマグキャッチ。

G&Pのnorgonアンビマグキャッチを流用する予定でしたが、キャッチがレシーバーに入り込みすぎの症状が出てしまいました。レシーバーをよく見ると

ここの部分が無いです。実とかGBBはこの形状ですがこのアンビマグキャッチはここがないと入り込み過ぎてしまいます。

なので。

必要以上に入らないようにプラ板で角度を制限します。これでおk

んでロワーメカボ

内部の規格は最新(白アルマイト)のレトロレシーバーに合わせてあるので黒アルマイトの旧genだとセレクタープレートガイド周りが干渉します。なのでここもうっすら削ります。

でここでまた問題。というか特殊事情?

FCUはいつもどおりTITANなのですが、どうにもセレクターが言うことを聞きません。すべてのポジションでフルオートになってしまいます(´・ω・`) 小一時間考えて気づいたのがレシーバーのアルマイトが悪さをしてるのではないかと。なので、

セレクタープレート検知センサーの周りのアルマイトをやすりで剥がして油性ペンで色を付けてみました。なんとこれでセレクターが正常に効くようになりました。

次はアッパーメカボ。

こっちも干渉部分(画像のチャンバー脇、ボルトストップ脇、バッファーチューブ基部の3か所)を削ればおk。卓上グラインダーがあれば5分とかかりません。

全部組むとこんな感じ。

それなりに雰囲気はあるんじゃないでしょうか(`・ω・´) 今ストックは変わってますがこれで24インチARの外装でヤリタカッタダケーはほぼ完了なので今度は中身をいじっていこうかと思います。





同じカテゴリー(マッチライフル 24”)の記事画像
GATE Titan組み込み
Knight's Armament rail mount anti cant device
AR15 NSR 15インチ 改修③ レシピ
AR15 NSR 15インチ 改修②
AR15 NSR 15インチ 改修①
ホワイトベース定例会 5/4 & エアダンパー等雑記
同じカテゴリー(マッチライフル 24”)の記事
 GATE Titan組み込み (2017-01-13 22:39)
 Knight's Armament rail mount anti cant device (2016-08-21 23:34)
 AR15 NSR 15インチ 改修③ レシピ (2015-11-11 18:55)
 AR15 NSR 15インチ 改修② (2015-10-13 00:32)
 AR15 NSR 15インチ 改修① (2015-09-23 23:34)
 ホワイトベース定例会 5/4 & エアダンパー等雑記 (2015-05-08 21:35)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。