2016年09月30日

マルイMWS ボルトキャリア穴あけ。

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

今日は(も)ちょっと内容うすうすですがご容赦。


ご存知の方も多いと思いますが、実銃のボルトキャリアには穴が開いております。なんでも発射ガスを逃がすためとか。

しかしトイガン用のボルトキャリアには誤認防止(めんどくさいから)のためなのか穴が空いてないことが多いようです。なので空けっちまおうと。まあがらがし先生の丸パクリなんですがね。

で、本当はこいつを組むほうが本命だったんですが、

ちょっとTL製のアイツのせいでボルトキャリアがすっごいセンシティブなので、その再調整がメンドクサイ&純正スプリングだとリバウンドが起きてしまったのでお蔵入りに…。

作業としてはこれがなかなか難しい。ただボール盤で穴開けりゃいいだけなんですが、ちょっとでもずれるとヒジョーに格好が悪い。実際少しずれてしましたが、細いドリルから始めていたのでちょいちょいッと修正が効きました。

ちなみに、自分はシルバー色のボルトキャリアが好きなので見える部分だけ塗装も剥いで見ました。

こんな感じ。ブローバックも初速も変わりなく、おそらく弾道も変わってないのでおkでしょう。

動作状況

ででで、今ヤフオクに出てるTシャツですが、サバしよのフリマ枠に持っていくため明日の9時で一旦締めますので、購入を考えていらっしゃる方は出来ればお早めに・・・。あ、言っていただければサバしよでお渡しすることも可能です。その場合は送料分お安くしますのでよろしくお願いします。
・ガンズ&コーヒー
・オークリー
・グロック
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 22:30Comments(0)MWS PWS15インチ

2016年09月25日

30mチャレンジ 2016/09/25

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ
だいぶ間が開いてしまいましたが、久々に30mチャレンジです。

ホントは今日25チャレンジだったんですが、日程をすっかり忘れてしまって・・・。


で、結果。

とりあえずの150㎜切りといったところでしょうか。
目指せ平均100㎜切り!
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 19:48Comments(0)30mチャレンジ 記録

2016年09月02日

King arms BRO rifle

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

MWS以来の自分用本体購入です。king armsのblack rain ordnance 認定のARになります。カテゴリーは「rifle」

そもそもblack rain ordnanceって(以下BRO)何ぞやという方に説明すると、2009年にミズーリ州に設立されたARメーカーの一つで、コンプリートガンやAR用のパーツの設計製造販売を行っている会社のようです。ここの会社では特にハンドガードが特徴的で、ほとんどすべてのハンドガードがトップレイルを大幅にカットされたうえ、側面には先端の一部以外はレイルはおろかkeymodやm-lok、独自規格の後付けレイルさえないフラットな形状をしておりそこにでかでかと「BLACK RAIN」と刻印が入ってます(アンダーはおそらくm-lokで統一)先端部分はm-lokだったりレイルだったり2つ組み合わさっていたりするようです。m-lok派のようでkeymodの製品は見つかりませんでした。17.76インチの超長いも売っていたり(実はこの17.76インチの奴は買っていたり…。)

でん!

rifleシリーズは基本的に18インチのバレル(少し短いかも。)に15インチハンドガードの組みあわせのようです。

レシーバー。

ここら辺はさすがキングアームズといったところです。作りもそうですがきっちりBROのレシーバーを再現してます(ライセンス持ってるから当然っちゃ当然ですが)

LET IT RAIN!!

こういうデザインの凝ってるダストカバー大好きです。見えづらいですがダミーボルトにもBROのエンブレムが入ってます。なにげにアンチローテーションリンクもgen2スタイル。

グリップも特殊。

本物はMAGPUL MIAD GRIPなのですが、こちらは機能だけそっくりの別デザイングリップになります。フィンガーチャンネル有り無しと、太さの違うヤツ2種類、それとビーバーテイル無しが選べます。

フリップアップサイトはtroyもどき。

これはまあごく普通。

でハンドガード。

実銃ではレイルはハンドガードと一体ですがこちらは取り外しがききます。そもそもこのハンドガードはなんていうタイプなんでしょうか、少なくともホームページにはありません・・・。昔はあったかもしれませんが(Black Rain Ordnance Lightweight Modular Railと検索すると出てきました。本家では載っていませんがショップでは売っています)ちなみにアンダーは何にもなしです。なのでフォアグリップやハンドストップ等は自分で加工したりしないとつけられません・・・。
マズルデバイスはHEXAGONAL COMPETITION COMPENSATORS、バレルは5本スリットのタイプです。あと多段式のマガジンが1つ付いて来ますが、結構抜き差しがきつい。EPMもPMAG(PTS公式)もきついです。でも差せない抜けないレベルではないので一応大丈夫そうです。

ストックはEMODタイプ。

フツーのEMODタイプですね。

とりあえずパーツを移植。

んほー素晴らしい!

で、実はうちには長物は3本までというルールがありまして・・・。現状NSR、MWS、MIDWESTと三本あるのでどれかを退役させねばいかんのですが、まあ消去法でMIDWESTということになりました。なので中身は丸ごとDSGセッティングを移植する予定ですが、諸事情により先延ばしになってしまうので、とりあえずサバゲーで使える程度にいじりたいと思います。MIDWESTは移植が済み次第ガワだけか、最低限撃てる状態にするかどっちかでまた里親さんを募集する予定です。


・追記
まだTシャツのほう残ってます~。よろしくお願いします。
・ガンズ&コーヒー
・オークリー
・グロック  

Posted by TMS TAKESHI98 at 01:22Comments(0)King arms BRO rifle

2016年08月21日

Knight's Armament rail mount anti cant device

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

ヤフオクのほうありがとうございました!
まだTシャツのほう残ってますんで、こっちも4649お願いします!
・ガンズ&コーヒー
・オークリー
・グロック

で、ぼちぼちヤフーポイントがたまってきたので、ヤフオクでちょっと買い物を。

ナイツのマークがまぶしい…。


「Knight's Armament rail mount anti cant device」です、ようは水平器ですね。
基本的にはトップレイルの一番後ろにつけるものだと思います。なのでかなりロープロファイルに作られてます。大体レイル面から9㎜くらいですね。

水平器は穴用スナップリングで止まっています。

こういう水平器は時間がたつと無色透明の液になってしまうので、スナップリングを外せればいつでも交換可能なようになってます。大体φ9mm長さ20mmの気泡管があればいいと思いますが、取り外して測ってないので違うかも(;´・ω・) ちなみにパッと探したところ日本製でこの規格のものはありませんでした…。

ねじは1/8インチ?のボルトキャップでがっつりネジロックがついてます。


くっ付けてみた。

オシャレ(*´ω`*) スコープのセンターがレイル面から36mm、接眼径41mmのスコープなので約15.5mmの余裕があります。接眼径58mmまでくらいまで行ける?(そこまででかい接眼径のスコープって俺は知らないですがw)

後ろから覗くとこんな感じ。

見づらいですが、構えても自然に、しっかり見えます。

まあしっかり見えればただの水平器なんで、オシャレ(*´ω`*)感が8割くらいなんですが、初実ナイツということで大満足でございます







  

Posted by TMS TAKESHI98 at 23:34Comments(0)AR15 NSR 16.7in外装パーツ

2016年08月11日

また不用品処分

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

また不用品がたまってきたので処分します~。いつも通りヤフオクです~。

S&T WCRS 16.2


デッドショットフィールドポッド

箱や説明書もあります!

Crye Precisionタイプ G2 上下 Sサイズ AOR2 実物パッド付き





ソーラーフォース L2P XP-Lv6 リモートスイッチ マウント


個人的には目玉?電池以外は全部揃ってます。

実物 fortis T1 absolute co witness mount 本体のみ

WMXL採用により低いマウントが使いづらくなったので。箱一式なくしました…。

実物 troy アンビボルトリリース

結局インプレだけ書いて工具箱の中で放置プレイなので・・・。

Tシャツたち

・トリジコン ブラック
・トリジコン グリーン
・ガンズ&コーヒー
・オークリー
・グロック

いろいろアメリカから輸入。オークリー以外はUS Sサイズ(日本M相当)。オークリーはUS Mサイズ(日本L相当)

ではではよろしくお願いします(`・ω・´)  

Posted by TMS TAKESHI98 at 09:06Comments(0)不用品処分

2016年08月07日

S&T WCRS 16.2 調整 3

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

のびのびになってたS&T WCRSの続きです。

とりあえずグリスアップから。

いつも通りシリンダー回りは多目的グリース、ギア類はトリプルコンボ、ベアリングはAZの超極圧スプレー。スイッチにも接点グリスを塗布します。

ピストンはちょっと重めの33g


セッティング

基本的には余りものと流用で組んでますが、ハイプロテクションギアやレトロアームズのピストンヘッド等ちょっと高級品も…。

で、メカボを組みますが一つ注意が。

VFC系では見たことありますが、ストックパイプネジを固定するのはスプリングガイドではなくフレームに直接ねじ止めする方式です。で、純正ではなんとスプリングガイドを固定しません(#・∀・)(ちなみに一番後ろの削り込みは買った当初からありました。後加工で削ったようです。)

なので

この超低頭ネジで・・・。

このようにスプリングガイドを固定します。

あまり頭の出たネジだとメカボが収まらないので超低頭ネジを使います。これあるとレトロの分割メカボ等で便利です(´∀`)

グリップは、メカボが4つネジ切りされてたのでそれをそのまま利用。

モーターは結局中古のEG1000を。

で、バレル&チャンバーです。

バレルはピカピカにしたくらいで、基本的にはバレルカット等無しでそのまま行きます。

前に書いたACE1ARMSのチャンバー。


付属のパッキンは2点タイプでした。

整形は悪くなさそうだったので使おうと思えば使えるかも?結構柔らかめ。

チャンバーアームは5ku用のMSアームと互換?

ただし支点用のプラ棒はそのままでは入らなかったので使う場合は拡張必須。
チャンバーセッティングはいつもの試作ホップver硬め。でもフラットテンショナーの長い奴の在庫切れのため短めを使用。ちょっとがたつきがありましたがアルミテープで補正可能。

んでもって初速を測ります。

0.2gはG&G、0.25gはギャロップ、0.28gは今は無きSKスカーミッシュ。



0.25gまでは打ち上げ弾道ホップくらいまでほぼ初速変化なしor位ちょっと落ちるくらいですが、0.28gだと初速が落ちる安全仕様です。

0.25gで弾道を見てみました。

50mちょい(52mくらい)の一斗缶です。

以下レシピ
・メカボ 純正

・駆動系
ギア:セクター ハイプロ 18:1 セクカ 1枚? スパー  純正 ベベル SHS ギア日不明
ギアグリス:super lube ドライフィルムスプレー+PTFE配合多目的オイル+超耐久チェーン用潤滑油
軸受け:純正ボールベアリング 8mm
軸受け潤滑:AZ CKM-001 超極圧・水置換スプレー

・給排気系
ピストン:純正+おもり 全重量33g
ピストンレール潤滑:super lube ドライフィルムスプレー+PTFE配合多目的グリース
ピストンヘッド:RETRO ARMS POMヘッドスラストベアリング付き
ピストンヘッドOリング:FRUS-Oリング
シリンダー:マルイフルサイズ
シリンダーヘッド:マルイ純正 
シリンダー潤滑:super lube ドライフィルムスプレー+PTFE配合多目的グリース
スプリング:バトン90%少しカット 
スプリングガイド:メカボ付属
タペットプレート:純正
ノズル:マルイ
ノズル潤滑:PTFE配合多目的グリース
・電装系
モーター:eg1000
配線:タナフロン
スイッチ:純正


・バレル 純正+改良型試作チャンバー

で、これを含めて、後日部屋の掃除を兼ねて色々ヤフオクのほうに出しますのでよろしくお願いします(´ー`)
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 22:19Comments(2)色々電動ガン

2016年08月03日

inforce WMLX 500ルーメン インプレ

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

こう最近ファ○キンホット&仕事がきつい&ボルトキャリアぶっ壊したショックでストレスがマッハです。

こういう時こそ散財がはかどる!月も変わったし!←ダメ人間

はい、というわけでinforce WMLX  ですΣ(´д`*)

これも昔から欲しかったわけではなかったんですが、MWSとDSG機のオプティクスを交換したらどうにもDSG機が不格好になってしまって・・・。ちょっとライトがデカいというか・・・。
で、ライトを取っちゃおうかと思ったのですが、インドア仕様のDSG機のライトを外すのもどうかと思ってそのままにしてたところ、がんじさんのインプレを見ちゃってですね・・・。はい。

購入先はアカリセンター様。ほぼ個人輸入ちょい足し程度の金額で購入。

本体はブリスターパックに入ってましたが、日本語のマニュアルが別途付いて来ました。

このマニュアルは保証書にもなってるのできちんと保管しておきます。ちなみに保証期間は5年間です。
代理店は、真・赤風呂スコープやCQBコンバットスコープで有名なOTS様でした。

本体 (`・ω・´)

色はブラックというより赤っぽいグレーですねえ

で、このWMLXはモーメンタリーモード(押してる間点灯)とオルタネイト(on、off切り替え)&ストロボモードがあります。

この画像はモーメンタリーモード、

でこっちはオルタネイト&ストロボモード

白ドットが見えているとオルタネイト、と視覚的にもわかりやすくなっています。基本的にはオルタネイトで、ダブルクリックするとストロボモードに入ります。ストロボは不規則点灯?で一定の間隔で点滅はしません。

重量は樹脂製なのでかなり軽いです。

電池込みで120g

ちなみに今まで使ってたライト1式

電池抜きでほぼ倍の重さがありました…。

今宵の実験台

画像を撮り忘れましたが、この取り付け方法が秀逸で、本体脇のねじを緩めてそのねじを押すとレイルクランプが開き、取り付けたらねじを締めて終わりという方法で非常に簡単です。

くっ付けてみた。

個人的にはかなりイケメンになったと思います。ただ、15インチハンドガードにつけると自分のようなチビには面一が限度( ◔ω◔ )

ダットから覗くとこんな感じ。

それほど気にはなりません。ただし、マウントはフォルティスのAbsolute co-witnessから純正のlower 1/3 co-witnessに変えてます。Ab~だと結構視界遮りそうで…。

ソーラーのXP-L V6と光量比較

スポットの明るさでは830ルーメン表記のV6よりも明るそうです。色温度も高め。ただし広さはV6のほうが広く見えます。というか、V6が18650とSF123A×2でほぼ明るさ変わらないんですね…。
  

2016年07月15日

UAC Aluminum Bolt Carrier

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

本来はS&TのLVOAの続きの予定でしたが、最終調整のテストと撮影がまだなので新しく衝動買いしたおもちゃのインプレでも。

ドン!

UACのろごってかっこいいですねえ…。

廃!日本に入ってきたてほやほやの新パーツです!

UAC Aluminum Bolt Carrier for marui mws です。
ええもう見た目・・・っていうか色に惚れましてですね、衝動買いでございます…。

ではとりあえず純正と比べてみましょうか。

あ、もうパーツが移動してますが、基本的にキャリア以外の一式は純正からの移植です。

基本的にほぼ形状はトレースしてますね。


ここのお外から見える部分はちょっと形状が変わってます。

純正にあったセレーション?(名称不明)のようなギザギザがなくなってますねえ。まあ実銃でもこのギザギザがない奴もあるのでいいのかな?また、見づらいですが、ボルトストップのかかる部分には割れ防止加工(メカボとかでやるアレ)がされてます。

パーツの精度は出てるようで、組み込みに関してはポン付けでいけました。高精度なパーツを作るUACらしいです。

んでもって各重量。

本体は約66g

錘の部分は30g

製品情報では97gらしいのでだいたいこんなもんでしょうか。

一式組んでみると約131g

どこかで純正ボルト一式の重量が約220gと聞いたような気がしたので約90g軽くなりました。

見た目。

オーディンと合わさってすごくいい…。チャーハンもバレルもシルバーなので統一感あってだいぶかっこよくなってきました!



・・・っておいいいいい!



まだ数十発しかボルトストッピかけてないんですけおおおおおおおお!
12000円が数時間でジャンクになりました(^q^)

・・・はいっ!良い子のみんなはちゃんとマルイ純正のバッファーを使うようにね☆
  

Posted by TMS TAKESHI98 at 22:01Comments(0)内部パーツMWS PWS15インチ

2016年07月02日

S&T WCRS 16.2 インプレ&調整 2

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

前の記事の続きです!

さくっと必要なものを買ってきました。

ITW GTSP トースター コードロックと手榴弾型コードロック、それに世にも珍しいマルチカム色のショックコードとACE1ARMSの樹脂チャンバーです。

とりあえず巻いてみた。

巻き方は完全自己流でござい。これでコード約1.5mで200円、コードロック140円で出来ます。

ただ、コードエンドだけはネットのLVOA画像を元に再現してみました。

端っこは収縮チューブで覆い、ショックコードにまとめる感じ。

ストックはそのままでもよかったのですが、気分で余りもののACSストックに。

可能な限りガタを抑えるためにきゅうきゅうに詰めておきます。

これで外装調整はだいたい終了。

続いて中身をいじっていきます。

チャンバーはACE1ARMSの樹脂チャンバーにしてみました。

本当は流用する予定でしたが、

ちょっとバリバリが・・・。6.5㎜まで給弾ルートを拡張しましたが傷が消えず、これ以上拡張すると2重給弾等の問題が出そうだったので(ノ゜▽゜)ノ ⌒ポイ!

インナーバレルは330㎜と使いやすい長さだったのでそのまま使います。

さてこのACE1チャンバーは使い物になるのか・・・。

お次はメカボ。ごく普通の電動M4レシーバーなのでさくさくっと取り出し御開帳。

見てくださいこのSP。相変わらずみじけえ・・・。こんなSPでも使いようはありますが今回は使いません。

バラバラっと。

軸受は接着されてませんでした。相変わらずのエイリアングリスなので、メカボ類は洗剤と電気歯ブラシで、ボールベアは超音波でキレイキレイします。

あ、当然ネジ類は全部取り換えです。

色々細かくてネジを集めるのも大変です。(ほかにこの大きさのボックスが4つほどあります)

ただ、前回のURXと違って色々面白い部分があります。

某サイレントなシリンダーヘッドっぽいやつやハーフピストンなどが入ってました。ほかにもタペットの通り道のピン跡が後加工で研磨されてたりしました。

とりあえず今日は軸受と金属歯の接着まで。

いつも通り軸受はロックタイト641、金属歯はGM8300で接着です。

3へ続く?


  

Posted by TMS TAKESHI98 at 01:26Comments(0)色々電動ガン

2016年06月30日

S&T WCRS 16.2 インプレ&調整 1

皆さんこんばんにちわ( ´ ▽ ` )ノ

ちょっと自分の趣味ではないですが、安かったのでポチってみましたw

前のURXよりは立派な箱です。

デン!

S&T WCRS 16.2”です。某ひげおじさんが使ってるライフルがモデルですね。短いモデルもありましたが、長いのが好きなので迷いなくこっちを選択。

中身は多弾とフリップアップサイトのみです。BB弾やクリーニングロッドはありません。


サイトはナイツタイプ。

造形はまあ値段なりという感じでしょうか。

ダストカバーはきちんと締まります。

チャーハンを引くと・・・。

パカッ

ここら辺はG&Pよりいいですね。覗いてるチャンバーも、前回のごみクズより精度がよさそうに見えます。ただ、ルーダス刻印はちょっと微妙だし、マグキャッチのねじはつぶれかけ、セレクターはなーんにも刻印がありません・・・。
とりあえずねじは日本製に交換。

表?側

刻印類は知識がないのでわかりませんが、少なくとも前回のようなめちゃくちゃな刻印ではないですwトリガーはストレートタイプ、ロックピンはネジ式です。

レイルは最初センターが出てなかったので少し調節。綺麗にセンターが出ました。

しかしここでバレルのセンターが出てないことに気づきフロントを分解、分・・・

キエエエエエエ!

お前またやりやがったな!
20mmレイル取り付けねじ一本だけ明らかに長いネジがついてます。こんなものは(ノ゜▽゜)ノ ⌒ポイ!
全部ステンレスブラックのねじに交換!

分解はネジ3本外すだけで抜けます。


はい出ましたバレルナット。

これまた特殊工具のにほい・・・。とりあえず手で回すと・・・アレ?とれちゃった・・・。マジかよ。

とりあえずセンター出し。

締めるのは六角を穴に突っ込んでぐるっと。これでも結構がっつり締まります。あ、本締めはきちんとバイス使いましたぞ。

で、今回センター出しに使用したのはこれ。

フィラ―テープです。車いじる方なんかは知ってるのかな?0.0~㎜の薄い金属板です。今回のLVOAはバレルがちょっと下向きなので、バレルナットの上側に合計0.06㎜のテープを挟んでハンドガードを下向きにしました。これできちんとフリーフロートになりました。

で、何回か微調整してるうちに気づいたんですが、

なんかコンプの中がバリッバリなんです・・・。

サクッと研磨。


・・・何やかんやあってハンドガードの調整完了。

初速はだいたいこんなもの。

内装のレシピはまだ考え中。DSGにするかロングレンジか普通のハイサイ+ロング化か・・・。

2へ続く?

  

Posted by TMS TAKESHI98 at 00:31Comments(0)色々電動ガン